SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、TVCMのリーチを補完するWeb広告配信ソリューションの提供を開始

 楽天は、TVCMキャンペーンをWeb広告でリーチ補完することができる広告配信ソリューション「RMP - Cross Media Reach」の提供を開始した。

 同ソリューションは、広告主が実施するTVCMキャンペーンのターゲットリーチの実態を可視化し、約9,700万の楽天IDとそれに基づく消費行動分析データなどのビッグデータを活用して、ターゲットリーチの計画値との差分をWeb広告配信で補完することができる広告配信ソリューションだ。

「RMP - Cross Media Reach」フロー図
「RMP - Cross Media Reach」フロー図

 デジタルインテリジェンスのTVCMアクチャル到達補完型広告配信システム「CMARC」と連携し、同社の提供する広告配信プラットフォーム「RMP - Trading Desk (Rakuten DSP)」を用いてWeb広告を配信する。

 近年、従来のTVCMを中心としたキャンペーンから、Web広告などを組み合わせたキャンペーンが主流となっている。一方で、統一された指標での効果測定が難しいことから、出稿媒体によってマーケティング活動が分断されてしまうという課題があった。

 「RMP - Cross Media Reach」は、TVCMのターゲットリーチ状況をWeb広告と同様の「ターゲットインプレッション数」という絶対数値で管理することで、リアルタイムでのリーチ分析を可能に。また、楽天のビッグデータを活用し、性年代などの属性データに基づく大規模なリーチ補完を行うことで、ターゲットリーチの計画値との差分を補完し、効率的なキャンペーンを実施することができる。

【関連記事】
楽天、ビッグデータを分析して消費行動を理解するAIエージェントを開発
楽天会員IDに基づき広告配信による実店舗での効果測定を実現する「RMP-Go! Spot」提供開始
楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一
スマホアプリの動画広告は、テレビCMよりも不快?【ジャストシステム調査】
テレビCM出稿額が多いブランドは?第1位は「トリバゴ」【サイカ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング