MarkeZine(マーケジン)

記事種別

山形銀行、Tealiumの顧客データ統合ソリューションを導入 DNPも支援

2018/06/05 08:15

 山形銀行は、「Tealium Universal Data Hub(以下、Tealium UDH)」の導入を開始した。これにより、Webサイトやコンタクトセンターで接した顧客のデータをリアルタイムで取得し、一人ひとりに合った最適なユーザーコミュニケーションを活用できる。

 同サービスは、様々なタッチポイントやベンダーごとにサイロ化された顧客データを一つにまとまった顧客データとして、一元的に統合・管理できるリアルタイム顧客データ統合ソリューションだ。

 キャンペーン広告やリマーケティング広告などから流れ込むデータを、自動的に取得。即座にWebサイトなどのタッチポイントと連携し、エンドユーザーの嗜好に合わせたメッセージや通知の出し分けを最適なタイミングで行う。また、無駄なリターゲティング広告の停止など、エンドユーザーにとってストレスのない最適な施策をタイミング良く提供することで、予算最適化や費用対効果の向上を実現する。

 同銀行の営業企画部 IT・チャネル戦略室調査役の高橋誠氏は、「地域に根付いた銀行として、デジタルトランスフォーメーションを進める一貫で、Tealium UDHによるきめ細かなデータ管理と、DNPのデジタルマーケティング運用における連携効果の高さを評価して、今回の導入を決定しました。これにより、お客様の満足度向上を実現するリアルタイムマーケティングを目指します」と述べた。

 Tealium UDHは、金融業をはじめ、小売業から製造業、メディア・出版業、旅行業まで、世界中の幅広い業界の750社以上に導入をされている。

【関連記事】
富士通、企業のデータ統合を支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
日本ケンタッキー・フライド・チキン、オプト協力のもとデータ統合マーケティングを推進
NBAチームのオーランド・マジック、SASのソリューションを導入~全チャネルのデータ統合進める
CyberZの「F.O.X」と「TREASURE DMP」が連携開始~スマホ広告をデータ統合で最適化
「TREASURE DMP」、「Informatica Cloud」との連携開始〜データ連携を容易に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5