SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AdFlow」とセールスフォースのマーケティングプラットフォームが連携 業務効率化とCX改善に貢献

 クリエイターズマッチは、同社が提供するグループウェア「AdFlow」と、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」を連携したサービスを、2018年6月より開始する。

  「AdFlow」は、クリエイティブ制作業務を効率化するために開発されたクラウド提供型のプロジェクト管理ツール。制作ツールと情報の一元化・可視化により、ディレクターやデザイナーの制作業務の効率が向上する。 電通、博報堂アイ・スタジオ、ADK、アイ・エム・ジェイ、トランスコスモスをはじめ、様々な企業が導入をしている。

 一方、「Salesforce Marketing Cloud」は、顧客データや行動データを一元化し統合することでWebサイトやメール、SNSといったデジタルチャネルを横断し、顧客とのOne to Oneコミュニケーションを実現するマーケティングプラットフォームだ。顧客一人ひとりの趣味・嗜好に合わせた情報を最適なタイミングで発信できる。

 今回発表された連携サービスは、「AdFlow」が持つ効率化機能と、実際の制作物とその実績データをDAM(デジタルアセットマネージメント)として蓄積可能とする「DAM機能」を提供する。これにより、企業が本質的な顧客の囲い込みをするための業務時間の創出に貢献し、より豊かなエンドユーザーの商品体験・購買体験を生み出す。

【関連記事】
セールスフォース・ドットコム、小規模・スタートアップ企業向けのCRMアプリケーションを提供開始
Dropboxとセールスフォースがパートナーシップ強化 連携機能の提供を開始へ
あなたはどのタイプ?SNSの利用を左右する「承認欲求」の4タイプ【セールスフォース・ドットコム調査】
セールスフォース・ドットコム、福岡に新オフィスを開設
IBMとセールスフォース・ドットコム、戦略的パートナーシップを強化 AIがカスタマーサポートを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング