SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、Messaging APIの新タイプ「Flex Message」公開 UI・UXを大幅改善

 LINEは、「LINE ビジネスコネクト」などAPI型のLINEアカウントで活用できる「Messaging API」の新しいメッセージタイプとして、画像やボタンなどを自由にレイアウトできる「Flex Message」を公開した。

 これまで「Messaging API」では、シンプルなテキストの他にスタンプや画像などを表示することができるメッセージや、「テンプレート」という、複数のボタンやURLの配置が可能なメッセージタイプを提供してきた。こうした従来の「テンプレート」は、ユーザーに複数の選択肢を表示するようなシチュエーションで有効である一方、配置できるボタンの数が限られている点や、レイアウトが画一的である点で制約があった。

 今回新たに追加された「Flex Message」は、自由なレイアウトが可能なメッセージタイプだ。一定の表示フレームをベースに、HTMLに近い感覚でレイアウトをカスタマイズでき、各コンポーネントが美しく整頓されるような仕組みとなっている。

 たとえば、柔軟に文字のサイズや色を変更したり、メッセージの途中やヘッダー部分に任意の画像を組み込むなどのレイアウトも可能だ。これにより、企業や開発者はメッセージのUI・UXを改善し、より操作性・デザイン性に優れたメッセージ配信を通じて、ユーザーコミュニケーションの幅を広げることができる。

 なお「Flex Message」は、「LINE Biz-Solutions Partner Program」の一部上位パートナーおよび「API Expert」の認定者に先行提供されている。6月12日時点では、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの「DialogOne」、トランスコスモスの「DEC Connect」が「Flex Message」に対応している。

【関連記事】
LINE、恋愛・美容などの専門家に直接相談できる新サービス「トークCARE」をリリース
DialogOne、LINEのビジネスコネクトとカスタマーコネクトの連携可能に イオン銀行が導入
LINE、Messaging APIの新機能公開 トークルーム内で動作するWebアプリの実装が可能に
ネスレ日本、LINEで無料の新サービスをリリース 食事写真を自動解析しアドバイスや栄養分析を提供
LINEマンガ、UIを刷新 23時間経つと無料で次話が読める機能「マイ連載」の提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/12 14:45 https://markezine.jp/article/detail/28626

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング