SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Wikipedia風の記事を全自動作成、おもしろすぎる「オートペディア(Auto☆pedia)」

 「オートペディア(Auto☆pedia)」は、大人のためのジョーク・ページで、あくまでもWikipedia風に見える「らしさ」「それっぽさ」を楽しむことが目的。ページの内容は検索エンジンの検索結果をもとに、Web上の情報から引用したもので構成され、画像はFlickr!から引用している。

ロゴマークもしっかりWikipedia風。
一般人を検索すると同社の「全自動似顔絵」で作成された人物イラストも掲載される。

 「オートペディア」は、基本方針に賛同する人なら誰でも記事を閲覧したり生成することができる。ページ上部にある入力欄に人名や物品名を入力して検索すると、Wikipedia風にレイアウトされた記事ページでまとめてその情報を読むことができる。

 「脳内メーカー」のブレイク以後、自動でおもしろコンテンツを生成するサービスが多数登場したが、「オートぺディア」はそのなかでも一線を画している。さまざまな情報をランダムに組み合わせているだけでは実現できない、読者を楽しませてくれる力が記事にはある。言葉や文脈の不思議さについて考えさせられるこのサービス、ぜひ一度試してみてほしい。

【関連リンク】
【アンケート調査】「脳内メーカー」が流行ったワケとは?
好きな言葉を入力すると4コママンガをつくってくれる「全自動4コマ」
ウィキペディア、約6割が「内容に疑わしさを感じる」、利用目的トップは「人物情報検索」
あなたの脳が検索したいキーワードはこれだ!gooの「脳内検索メーカー」スタート

全自動百科事典「オートペディア(Auto☆pedia)」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング