SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂グループの東京サーベイ・リサーチ、マクロミルと資本業務提携

 博報堂は、同社の100%子会社である東京サーベイ・リサーチ(以下、TSR)において、マクロミルが株式の51%、博報堂が49%を保有する形で資本業務提携を実施。TSRをグローバルなマーケティング・リサーチおよびデジタル・マーケティング・ソリューションに強みを持つ、ジョイントベンチャー企業として運営することで合意した。

 1965年に設立されたTSRは、2008年に博報堂の子会社となって以降、オフラインとオンラインにまたがる調査設計力、集計分析力などにおける実績と知見を提供。一方マクロミルは、顧客のマーケティング・リサーチおよびデジタル・マーケティングに係る各種サービスの拡充に取り組んできた。

 今回の提携では、TSRの強みとマクロミルが保有するネットパネルやリサーチシステムを軸とした、デジタル・マーケティングおよびグローバルネットワークの実績、ノウハウを統合。TSRを次世代の博報堂グループのインハウス・マーケティング・リサーチ企業として位置づけ、リサーチシステムの進化、データアナリティクス人材の強化などを行い、より付加価値の高いサービスを提供するジョイントベンチャー企業として運営していく。

【関連記事】
博報堂DYグループ、DACらと共同で「Agency Whitelist」の提供を開始
メディア接触時間が過去最高に/博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2018」発表
NECとマクロミルが協業 AIを活用したマーケティングソリューションの共同開発へ
マクロミル、広告効果測定に特化したダッシュボード「millBoard」をリリース
マクロミル、スマホファーストなアンケート画面を開発 回答満足度も向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/26 10:15 https://markezine.jp/article/detail/28725

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング