MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIで動画視聴時の感情を分析!表情解析Web調査サービス「Emotion Capture」登場

2018/06/26 16:15

 東急エージェンシーとマーケティングアプリケーションズは共同で、感情認識AIを用いた動画評価Web調査サービス「Emotion Capture」(エモーション・キャプチャー)を開発し、販売を開始した。

 「Emotion Capture」は、PCやスマートフォンのWebカメラを使用して、動画視聴時の消費者の顔のランドマーク(鼻の頭、目尻、口など)の動きを測定し、FACS理論(※)に基づいて感情の動きを解析する。動画のどのシーンで表情や感情が動いたのかは、ダッシュボード上で確認できる。

表情・感情の起伏を示すダッシュボード
表情・感情の起伏を示すダッシュボード

 動画測定と合わせてWebアンケートを実施することで、属性やアンケートの回答ごとの動きをクロス集計することも可能だ。また他の動画とランキング形式やスコア一覧で比較することもできる。

スコア一覧のイメージ

スコア一覧のイメージ

※ FACS:Facial Action Coding System(顔面動作符号化システム)。視認可能な顔の動きを包括的に測定するためにPaul Ekmanらにより、1978年に開発された分析ツールおよび表情理論。

【関連記事】
位置情報広告配信システム・位置情報DMPの共同開発へ 東急エージェンシー、ジオロジックへ出資
東急エージェンシー、O2O×ジオターゲティング広告の連携を強化した新サービスをリリース
アプリを離脱した原因を探る!ポップインサイトとMApps、離脱ユーザーへのリサーチサービスの提供へ
インテージ、マーケティングアプリケーションズと提携~リサーチプラットフォームの強化へ
emin、DGCと連携 Web上のユーザー行動・感情を可視化できる「リアル接客支援ツール」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5