MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化

2018/06/29 15:45

 アウトブレインジャパンは6月29日、インテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)とパートナーシップ提携を結び、同社の広告主向けにIASのブランドセーフティ・ソリューションの提供を開始した。

 IASは、デジタル広告におけるエコシステム全体の多様なリーチを利用して、毎日5,000億以上のメディア品質に関わるポイントを測定・収集・分析しており、包括的で正確なデータセグメントを提供。

 これによりアウトブレインは、同社が展開する広告主向けのコンテンツ掲載枠にブランドセーフティなデータを活用することが可能になった。広告主は、自社のデジタルキャンペーンが適切な媒体に掲載されているかを把握し、透明性を担保できるほか、ブランドセーフティでないカテゴリーはキャンペーンダッシュボードから除外する機能も備えている。

 キャンペーン内と出稿メディア両方のスコアリングを使用することで、同ソリューションは広告主とパブリッシャー双方にとってブランドセーフティな環境を提供する。

【関連記事】
Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始
Momentum、企業ごとにブランドセーフティのロジック作成可能に 富士通が約12%のリスクを削減
フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画広告配信へ
日本におけるアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティの現状は?【実態調査レポート】
博報堂DYMP、博報堂DYデジタル、DACの3社、広告の透明性、品質高めるサービスの提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5