SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化

 アウトブレインジャパンは6月29日、インテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)とパートナーシップ提携を結び、同社の広告主向けにIASのブランドセーフティ・ソリューションの提供を開始した。

 IASは、デジタル広告におけるエコシステム全体の多様なリーチを利用して、毎日5,000億以上のメディア品質に関わるポイントを測定・収集・分析しており、包括的で正確なデータセグメントを提供。

 これによりアウトブレインは、同社が展開する広告主向けのコンテンツ掲載枠にブランドセーフティなデータを活用することが可能になった。広告主は、自社のデジタルキャンペーンが適切な媒体に掲載されているかを把握し、透明性を担保できるほか、ブランドセーフティでないカテゴリーはキャンペーンダッシュボードから除外する機能も備えている。

 キャンペーン内と出稿メディア両方のスコアリングを使用することで、同ソリューションは広告主とパブリッシャー双方にとってブランドセーフティな環境を提供する。

【関連記事】
Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始
Momentum、企業ごとにブランドセーフティのロジック作成可能に 富士通が約12%のリスクを削減
フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画広告配信へ
日本におけるアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティの現状は?【実態調査レポート】
博報堂DYMP、博報堂DYデジタル、DACの3社、広告の透明性、品質高めるサービスの提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング