MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「日本のアプリデベロッパーは中国に進出すべき」Mobvistaが語る、その理由は

2018/07/27 10:00

 中国のネットユーザーの内スマートフォンなどモバイル端末におけるユーザー数は2017年の時点で約7億5,300万人を占める(中国インターネット情報センター調べ)。この巨大市場で現在、特に急成長中なのがモバイルゲームアプリの分野だ。本記事では、中国発のアドテクノロジー企業であるMobvistaで日本のカントリーマネージャーを務める井料武志氏と中国のゲームパブリッシュ会社であるJoyPacのマネージャー、劉 幸(りゅう・こう)氏に、急拡大する中国市場への進出にあたって知っておきたい現状と課題について聞いた。

日本のアプリ企業にはチャンスがある

 2013年創業のMobvistaは中国の広州を拠点に置き、2015年に中国の新興・ベンチャー企業向け市場のNEEQ(中小企業株式譲渡システム)に上場。2016年にアメリカ、ヨーロッパの有力モバイル関連企業を相次いで買収するなどグローバル規模のアドテクノロジー企業へと発展している。

 そんな同社で日本のカントリーマネージャーを務める井料氏は、インタビューの最初、中国市場が持つポテンシャルの高さを明らかにした。

 Mobvista Vice President of Japan 井料武志氏
Mobvista カントリーマネージャー 井料武志氏

 「中国のネットユーザー規模はとても大きく、IT企業の中国市場への進出は確実に増えて来ています。その一方で、中国市場への進出には特有の課題や障壁があるのも事実です。この現状の中、グローバルでも大きな市場を作っている日本のモバイルゲームアプリ企業は、中国へ進出してシェア拡大を目指すチャンスが特にあると考えています」(井料氏)

中国市場の持つポテンシャルとは

 なぜ、日本のモバイルゲーム業界に、中国進出のチャンスがあるのだろうか。その理由に関して、井料氏は次のように語る。

 「日本と違い、中国では家庭用ゲーム機があまり普及していません。それもあり、モバイルでのゲームに対する抵抗も少なく、ゲームを楽しむならスマートフォンという文化ができており、欧米・韓国からもゲーム会社が進出し、成功を収めるケースが増えています。日本は世界のゲーム業界を長くリードしてきた国であり、中国市場で成功できるチャンスは当然ながら十分にあると言えます」(井料氏)

 これに加えて、日本のアプリの中国進出をサポートするJoyPacに所属する劉氏は、中国市場でモバイルゲームのシェアが拡大している背景として「電子決済が広く普及していることも大きい」ことを挙げた。

JoyPac ビジネスディベロップメント マネージャー 劉 幸(りゅう・こう)氏

 「日本で電子決済をする際にはクレジットカードを登録したり、iTunesカードやGoogle Play ギフトカードを買ったりする必要があります。一方、中国ではAlipayやWeChatPayが普及し、モバイル端末を持っている人のほとんどが電子決済を中心に生活しています。そのため、比較的、課金に対するハードルが低いという特徴を持っています」(劉氏)

中国進出のポイントをより細かく解説!

 今回の記事で語りきれない中国進出のポイントをまとめたホワイトペーパーを現在配布しています!アプリデベロッパーの皆さんは必見です。
 詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5