MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIで広告配信を最適化 リクルートのマッチングアプリ「ゼクシィ縁結び・恋結び」が急成長できた理由

2019/01/31 11:00

 リクルートマーケティングパートナーズは、恋活・婚活マッチングアプリ「ゼクシィ恋結び」と「ゼクシィ縁結び」のプロモーションに、中国アドテク企業のMobvista(モビスタ)のモバイルプラットフォームを活用している。両アプリのプロモーションを担当する宍戸誠一氏と、Mobvistaで日本のカントリーマネージャーを務める井料武志氏に、その活用事例を聞いた。

オンライン恋活・婚活は当たり前のサービスに

 近年、恋活・婚活を目的としたマッチングアプリ(オンラインデーティングサービス)市場が大きく成長している。リクルートブライダル総研の「婚活実態調査2018年」によると、オンラインの婚活サービスを用いて結婚した割合は過去最高を記録。2019年の同市場規模は約500億に上ると予測され(マッチングエージェント/デジタルインファクト調べ) 、20~30代の層を中心にオンラインでのパートナー探しは当たり前になっていくと見られているのだ。

 そのような中、日本のブライダル市場の拡大をサポートしてきたゼクシィが、同ブランドのオンライン恋活サービス「ゼクシィ恋結び」を2014年12月、婚活サービス「ゼクシィ縁結び」を2015年2月~5月にスタート。その立ち上げ背景を、現在両サービスのプロモーション全般を担当するリクルートマーケティングパートナーズの宍戸誠一氏は、次のように語る。

リクルートマーケティングパートナーズの宍戸誠一氏
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
マーケティングプロモーション担当 宍戸誠一氏

 「ゼクシィは、大切な相手と新しい人生をともにすることを決めた方たちへ寄り添うという世界観を育んでいます。その一方で、生涯未婚率の増加や婚姻組数の減少が社会問題となっている中、我々がお客様の幸せな結婚をサポートするために着目したのが、恋活・婚活市場でした」(宍戸氏)

ゼクシィブランドの恋活・婚活サービスという安心感

 ここで、ゼクシィ恋結び・ゼクシィ縁結びのサービスを紹介したい。リクルートマーケティングパートナーズでは、結婚の一歩手前である出会いや恋のきっかけ作りを応援する恋活サービス「ゼクシィ恋結び」、結婚相手との出会いを考えている人を応援する「ゼクシィ縁結び」のサービスを展開。両アプリではオンライン上でコミュニケーションを取り、パートナーを探すことができる。

 恋結びは、男性の月額会費が1,980円~(12か月プラン購入時の1ヵ月あたりの料金)であることに対し、女性は108円(本人確認手数料)。縁結びは男女ともに月額2,592円~(12か月プラン購入時の1ヵ月あたりの料金)という料金体系だ(いずれも決済方法・加入期間などで料金は異なる)。このようなマネタイズポイントの違いは、多くのオンライン恋活・婚活サービスに見られる。同サービスのマーケティング設計をする上で、重要な要素だ。

 さらに宍戸氏は、ゼクシィ縁結びの特長として会員登録時の「価値観診断」を挙げる。これは、ゼクシィを通じて結婚した6,000組を対象に 、幸せな結婚生活を送るカップルを分析して作成された、18問の診断フォーマットである。診断結果は13タイプに分かれ、価値観の合う相手の紹介や、カップルの相性診断などに活用されている。

 また業界初のサービスとして、個人情報を介さずにデート日程を決める機能「お見合いコンシェルジュ」を行うなど、安心でスマートな出会いのきっかけを提供しているのだ。

 さらに、ゼクシィ縁結びはオンラインサービスだけでなく、対面の婚活相談カウンターや婚活パーティの運営とマルチチャネルのサービス展開が強み。この点も、出会い・結婚・出産領域をトータルでカバーするゼクシィブランドならではだろう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5