MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「KARTE for App」と「AppsFlyer」がデータ連携へ 広告接触データの活用が可能に

2018/07/10 10:45

 プレイドは、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」のアプリ向けサービス「KARTE for App」において、AppsFlyerが提供するモバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクス「AppsFlyer(アップスフライヤー)」とのデータ連携を開始した。

 これにより、両サービスのSDKをアプリに導入することで「AppsFlyer」と「KARTE for App」の相互データ連携が可能に。ユーザーの広告接触データをリアルタイムに「KARTE for App」に反映することで、流入経路に応じて、インストール後のアプリ内メッセージやプッシュ通知をパーソナライズすることができる。また、KARTEの計測データを用いた広告配信も可能だ。

 「KARTE for App」は、アプリだけでなく自社のWebサイトとも横断してユーザーを捉えることができるため、Webでの広告接触からアプリのインストール・起動・継続利用、Webサイトとの併用までの体験がつながり、ユーザー毎の顧客体験を軸としたアプリのプロモーションが実現する。

【関連記事】
「KARTE」と「Adjust」が連携開始 流入経路ごとに広告配信の形態をパーソナライズ
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
プレイドが総額約27億円の資金調達を実施 「KARTE」におけるアプリ領域への事業拡大などが目的
AppsFlyer、直感的にレポート作成可能な「Pivot」リリース Excelなどの作業工数を削減
Yappli、AppsFlyerを採用しアプリプラットフォームの顧客にコンテンツ最適化支援を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5