SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

GDPR起点の近未来、データは共有資源へ

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は欧州での施行から2ヵ月が経過したGDPRを、マーケティング視点で整理する。

※本記事は、2018年7月25日刊行の定期誌『MarkeZine』31号に掲載したものです。

マーケティング・データ視点での3つのキーワード

 2018年5月25日、ついにGDPRが施行となった。これをビジネス上での重荷と見るか、未来に向けての新しいエコシステムと見るか。本稿では、GDPRが見せる「入り口のポイント」と「その未来」について考えたい。

 まずは数あるGDPR上のキーワードの中からデータ視点の3つを確認しておこう。

1、スードニマイゼーション(Pseudonymization):仮名化

 氏名や住所などの個人データのうち、「誰」と特定できる部分を「仮名」に暗号化し、データから直接個人を特定できなくすること。しかし、仮名化しても、暗号化情報があれば元に戻して個人を特定できるため、GDPRの元では仮名化された情報は「個人情報」として扱われる。

2、アノニマイゼーション(Anonymization):匿名化

 上記に対して「匿名化」は、氏名や電話番号等の「個人」を識別できるデータを取り除き、復元不可能な状態に加工すること。たとえば、小売店のポイントカードから「いつ」「どの店」で「どんな商品」を購入したかの購買活動データの中から個人が識別できる情報を除外し、匿名加工して商品メーカーに提供するようなケースを指す。これはGDPRの適用対象外になる。

3、プロファイリング(Profiling)

 匿名化データの集積から、行動履歴をデータ元として、コンピュータ処理により嗜好や傾向を分析および仕分けすること。GDPR以降はデータ主体者(わたし)から、明示的な同意を取得していく事が求められる。今日現在マーケティング領域で関心が持たれているのは、この「プロファイリング」の精度とその所有権だ。

本コラムはデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』の一部を再編集して掲載しています。本編ご購読希望の方は、こちらをご覧ください。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
データは誰のものか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/14 15:18 https://markezine.jp/article/detail/28890

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング