SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Repro、集英社の「少年ジャンプ+」でレコメンドプッシュ通知機能の実証実験をスタート

 Repro(リプロ)は、集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」において、先日設立を発表した研究開発チーム「Repro AI Labs」で開発中の機能の実証実験を開始した。

 Repro AI Labsでは、現在「チャーン予測機能」「レコメンドプッシュ通知機能」「プッシュ通知の配信時間最適化機能」の研究開発を進めている。今回「少年ジャンプ+」で実証実験を行うのは、レコメンドプッシュ通知機能だ。

 レコメンドプッシュ通知機能は、行動履歴に応じ、各ユーザーにとって最適な商品や作品、サービスを自動で抽出し、お勧めするプッシュ通知を配信する機能。実証実験では、ユーザーがアプリに定着するために必要な要素である「好きな作品」をAIで解析できるかどうかを検証する。具体的には、雑誌アプリにおいて重要なKPIである作品閲覧数の増加、継続利用率の向上に同機能が寄与するかが焦点となる。

 また、KPI向上の他に期待される効果として、以下のようなものが挙げられる。

・ユーザーは自身の趣向に合った作品を勧めるプッシュ通知を受け取ることにより、「好きな(気に入る)作品」と出会いやすくなる。趣向に合わない作品を勧められた結果によって離脱するということがなくなり、アプリに定着しやすい環境を提供することができる。
・アプリの運用側からの視点では、どの作品をユーザーに勧めるべきかを検討する必要がなくなるため、運用負荷を大幅に下げられることができる。

 なお、同機能は今夏までに実証実験を終了させ、年内の商用化を目指す。

【関連記事】
「東京ディズニーリゾート・アプリ」のオンラインショッピング機能が公開 パーク内での買い物も自由に!
「@type」のアプリと「KARTE for App」が連携 ユーザーごとに適した求人の提案が可能に
AIでアプリ内のユーザー行動を予測し可視化!セプテーニ、「Precog for APP」をリリース
デジタルガレージとReproが協業 ゲームアプリ向けにCRMのコンサルティングサービスを提供開始
フジテレビの動画配信サービス「FOD」、Reproを導入 パーソナライズを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/25 11:45 https://markezine.jp/article/detail/28944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング