SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルインテリジェンス、テレビCMとデジタル広告を統合評価する「Correct View」を発表

 デジタルインテリジェンスは、テレビCMとデジタル広告のビューアビリティ数を統合的に評価する「Correct View(コレクトビュー)」という概念を新たに提唱し、コンサルティングサービスの提供を開始した。

 同社は、2016年初旬より、テレビCMに対して視聴者が画面を視認できる状態にあるかといったビューアビリティの実態(到達実態)をデータで可視化していくコンサルティングを提供し、テレビCMの新指標となる「GAP(グロス・アテンション・ポイント)」の提唱などに取り組んできた。そして今回、テレビCMとデジタル広告の双方で「質の計測」が必要であると考え、「Correct View」を新たに提唱した。

テレビ(CM)とデジタル(広告)におけるビューアビリティの概念
テレビ(CM)とデジタル(広告)におけるビューアビリティの概念

 また同社は、「Correct View」を、同社が既に提供している「CMARC(シーマーク)」にも展開し、テレビCMとデジタル広告における統合リーチにおいて、デジタル広告のビューアビリティだけでなく、テレビCMのビューアビリティも様々なサードパーティーベンダーと連携し、視聴者やネットユーザーの目に届いたインプレッションを正しく算出し評価するサービス「CMARC Correct View」も近日リリースする予定だ。

 同サービスは、テレビCMとデジタル広告のビューアビリティデータを駆使し、人の目に触れている「真の広告インプレッション」を、テレビCM×デジタル広告の双方で評価するというもの。これにより、ブランドごとに異なるテレビCMの1インプレッションとデジタル広告の1インプレッションの価値評価を行う「真のアロケーションモデル」を作っていく。

 同社は、本指標により、従来の単純な出稿量と、認知や購入意向の相関関係の分析だけでなく、ユーザーの視聴実態に合わせた正しい相関係数を導き出すことを目指していく。

【関連記事】
デジタルインテリジェンス等、顧客視点のシナリオでマーケティング活動を評価するダッシュボード提供へ
デジタルインテリジェンス、テレビCMとデジタル広告の統合管理および広告配信に関する特許を取得
DI.×DAC、TVCMキャンペーンのターゲットリーチ補完を目的としたデジタル広告配信を開始
デジタルインテリジェンス、テレビCMに向けられた視聴者の注視行動を計測する新指標データの提供を開始
デジタルインテリジェンス、「男女脳プロジェクト」を開始~男女別のCM視聴結果をクリエイティブに反映

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング