SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JapanTaxiとドコモが資本・業務提携契約を締結 AI技術で次世代モビリティを推進

 JapanTaxiとNTTドコモ(以下、ドコモ)は、資本・業務提携契約を締結したことを発表した。

 JapanTaxiは、日本における移動の問題を解決する「トランスポーテーション・プラットフォーマー」をめざし、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を中心に、リアル×ITを掲げて新しいモビリティを創造している。一方、ドコモは、中期戦略「beyond宣言」に基づき、「体感革新」を提供する次世代モビリティの推進を進めており、ICT(情報通信技術)を活用した豊富なソリューションで、「AIタクシー」や、「dカーシェア」をはじめ、モビリティ分野において多岐にわたるサービスの提供を行っている。

 両社はこれまで「全国タクシー」とドコモのAIエージェントサービス「my daiz」の連携を行うなど、双方のサービス価値向上のための取り組みを行ってきた。今回、資本・業務提携契約を締結することにより、両社の連携をさらに強化し、以下の取り組みを実施する予定だ。

【両社の取り組み(予定)】
1.JapanTaxiが全国展開をしている、QRコード決済機能を搭載した広告タブレットに、ドコモの「d払い」など新しい決済手段を導入することで、快適な移動を提供する。

2.ドコモが提供する「近未来人数予測」等の技術と、JapanTaxiが展開する配車プラットフォームおよび広告プラットフォームなどを組み合わせたサービスの開発検討。

【関連記事】
「全国タクシー」と博報堂等、タクシークラウド広告サービス「CM視聴クーポン」の実証実験を開始
フリークアウトと日本交通、位置情報連動マーケティング事業で提携
「Yahoo!地図」アプリでタクシーが呼べる新機能スタート~「全国タクシー」と連携開始
利用者が最も多いタクシー配車アプリは?トップは「全国タクシー配車」/「LINEタクシー」は3位に
NTTドコモ、AIエージェントサービス「my daiz」の提供へ 33の企業・自治体がパートナーに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/30 17:00 https://markezine.jp/article/detail/28972

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング