MarkeZine(マーケジン)

記事種別

JapanTaxiとドコモが資本・業務提携契約を締結 AI技術で次世代モビリティを推進

2018/07/30 17:00

 JapanTaxiとNTTドコモ(以下、ドコモ)は、資本・業務提携契約を締結したことを発表した。

 JapanTaxiは、日本における移動の問題を解決する「トランスポーテーション・プラットフォーマー」をめざし、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を中心に、リアル×ITを掲げて新しいモビリティを創造している。一方、ドコモは、中期戦略「beyond宣言」に基づき、「体感革新」を提供する次世代モビリティの推進を進めており、ICT(情報通信技術)を活用した豊富なソリューションで、「AIタクシー」や、「dカーシェア」をはじめ、モビリティ分野において多岐にわたるサービスの提供を行っている。

 両社はこれまで「全国タクシー」とドコモのAIエージェントサービス「my daiz」の連携を行うなど、双方のサービス価値向上のための取り組みを行ってきた。今回、資本・業務提携契約を締結することにより、両社の連携をさらに強化し、以下の取り組みを実施する予定だ。

【両社の取り組み(予定)】
1.JapanTaxiが全国展開をしている、QRコード決済機能を搭載した広告タブレットに、ドコモの「d払い」など新しい決済手段を導入することで、快適な移動を提供する。

2.ドコモが提供する「近未来人数予測」等の技術と、JapanTaxiが展開する配車プラットフォームおよび広告プラットフォームなどを組み合わせたサービスの開発検討。

【関連記事】
「全国タクシー」と博報堂等、タクシークラウド広告サービス「CM視聴クーポン」の実証実験を開始
フリークアウトと日本交通、位置情報連動マーケティング事業で提携
「Yahoo!地図」アプリでタクシーが呼べる新機能スタート~「全国タクシー」と連携開始
利用者が最も多いタクシー配車アプリは?トップは「全国タクシー配車」/「LINEタクシー」は3位に
NTTドコモ、AIエージェントサービス「my daiz」の提供へ 33の企業・自治体がパートナーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5