SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、NetEaseと中国における広告配信最適化ソリューションの提供を開始

 博報堂およびNetEaseは、中国でのネット広告配信事業における詳細なターゲット分析と機械学習に基づいた広告配信手法「Hakuhodo × NetEase 広告配信最適化ソリューション」を開発した。

 通常、中国におけるネット広告配信においては、生活者調査データのパネル情報と、ネットメディアのユーザー情報は別々に管理されている。このため、ターゲット分析の結果情報をそのまま広告配信に活かすことは難しいとされてきた。この課題に対し博報堂は、中国のネット大手ポータルサイトを運営するNetEaseと協働し、「Hakuhodo × NetEase 広告配信最適化ソリューション」を開発。実証実験を経て、サービスの提供開始に至った。

 博報堂は、アジアを中心に世界の主要都市でオリジナルの生活者調査「Global HABIT」を毎年実施している。中国においては、2018年から調査企業CTRの協力により、対象都市とパネル数を拡張。オンラインの行動情報やスマートフォンアプリの利用情報、ならびにTV視聴傾向についても把握できるよう強化されている。

 「Hakuhodo × NetEase 広告配信最適化ソリューション」では、「Global HABIT」の中国生活者データを用いて抽出したターゲティングデータをNetEaseに受け渡し、NetEaseが機械学習を活用してリアルタイムに配信制御を行うことで、高い広告効果を生み出す。なお、受け渡すターゲティングデータは、個人情報保護に配慮した形で暗号化される。

 同ソリューションの提供は、博報堂グループの博報堂生活綜研(上海)と博報堂DYグループの北京DACが協働して行い、9月1日の開始を予定している。

【関連記事】
SupershipとWi2、中国最大のSNS微博(Weibo)と戦略的パートナーシップを締結
Googleが首位をキープするも、中国のブランド成長率が米国の2倍に【世界のブランド価値ランキング】
C Channel、中国で美容メディア・EC事業を展開するLUCE Networksをグループ化
博報堂とバイドゥが戦略的パートナーシップを締結 中国市場への新プラニングソリューションを開発
博報堂DYMP、楽天と食に特化したDMPの提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/02 08:30 https://markezine.jp/article/detail/28996

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング