SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

産婦人科の待合室でママ向け動画を配信!「mama+」と「ママ友チャンネル」が提携開始

 ママ向け動画メディア「mama+(ママタス)」を運営するC Channelは、全国の産婦人科待合室で情報を発信している「ママ友チャンネル」を運営する中日アド企画と提携し、産婦人科の待合室でママ向け動画の配信を開始した。

 「mama+」は、家事や育児や仕事で忙しい現代のママに、便利な情報と新しい価値観を提供する動画メディアとして、育児や家事などにまつわる課題解決やHow To動画をSNSやWEB上で配信している。

 一方「ママ友チャンネル」は、東海・関東・関西エリアを中心とした産婦人科待合室に設置されたデジタルサイネージで、プレママやママにピンポイントで配信している。

 この度の提携により、「mama+」で配信している子育てや家事などに関する動画を「ママ友チャンネル」で配信し、産婦人科に訪れたプレママやママにダイレクトに届けることができるようになった。同社は広告メニューとして、「mama+」の動画制作・SNS配信と、「ママ友チャンネル」の配信を組み合わせたパッケージメニューなどを提供していく。

配信動画イメージ
配信動画イメージ

【関連記事】
ママ向け動画広告配信サービス「MaMaReachDSP VIDEO ADs」がリリース
ママ向けメディア「mamanoko」、dメニューとの相互送客を開始
C Channel、ママ向け動画メディアを4月上旬にオープン
LINE、マガジンハウスとパパママ向け情報誌「てをつなご。」を創刊 「LINE MOOK」で配信
ツイキャス、主婦やママのための新チャンネル「ママch」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/21 12:00 https://markezine.jp/article/detail/29082

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング