MarkeZine(マーケジン)

記事種別

U-35のマーケターが、キャリアを考える上で必要なことは?【MarkeZine Day情報】

2018/08/21 08:30

 MarkeZineが2018年9月20日~21日に開催する「MarkeZine Day 2018 Autumn」。21日の17:50~18:50に行われるセッション「集まれ、U-35! マーケターのキャリアを再考する」では、キャリアに悩むU-35マーケターの方のヒントとなる内容をお届けします。

 VUCA(Volatility:変動性・不安定さ、Uncertainty:不確実性・不確定さ、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性・不明確さ)の時代ともいわれる現代社会で、自身のキャリアについて明確な意思決定をしていくのは非常に困難なことかと思います。

 そこで本セッションでは、このVUCAの時代で自らのキャリアを切り開いてきたパネラーに、U-35の若手マーケターがモデレーターとなって、各人のキャリアパスやその背景、意思決定の裏側を探ります。

 今回モデレーターを務める花王の廣澤氏、パネラーのLIFULLの野口氏、ビーコンコミュニケーションズの越智氏、KDDIの井上氏に意気込みを聞きました。

 「『キャリア』というテーマに明確な正解は存在しえません。だからこそ人は、常にこのテーマと向き合い続けなければならないのだと思います。このセッションでは、向き合うということに重きを置き、キャリアについて真剣に考えるための問いかけをしていきたいと思います」(廣澤氏)

 「マーケティングへのデータ活用が全盛のこの時代に、マーケターにとって必要なスキルは何か、データに振り回されず、データを武器として使いこなすためにマーケターは何を意識していくべきか、みなさんと一緒に考えていければと思います」(野口氏)

 「人生100年と言われる時代に、私たちはキャリア形成においてもより多くの選択を重ねていくことになります。先人のいないこの100年時代を、多様性とポジティブさを軸に自ら描いていくきっかけとなるようなお話ができれば幸いです」(越智氏)

「転職という選択肢が一般的になり、キャリア形成には様々な選択肢が溢れています。短期的な感情や誘惑に流されることなく、自身の軸を持ち、自分でコントロールすることで今の仕事、キャリア、そして人生をポジティブに楽しむことが重要ではないでしょうか。選択のための考え方や軸について、本セッションで何かしらヒントをつかんでいただければ嬉しいです」(井上氏)

■開催概要

イベント名称:MarkeZine Day 2018 Autumn
登壇セッション:集まれ、U-35! マーケターのキャリアを再考する
日時:2018年9月21日(金)17:50 ~ 18:50
会場:ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)
モデレーター:花王株式会社 廣澤 祐氏
パネラー:株式会社LIFULL 野口 真史氏
     ビーコンコミュニケーションズ株式会社 越智 麻央子氏
     KDDI株式会社 井上 慎也氏
参加:無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5