SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

二極化が進むBtoBマーケティング、今追うべき新潮流は 定期誌『MarkeZine』第33号で特集

 BtoB企業にもマーケティングが必要だ、マーケティングオートメーションが重要だ、コンテンツマーケティングが有効だ、と言われるようになってしばらくが経ちます。現実には営業が強くマーケティングに懐疑的な企業と、組織改革を含めて積極的に取り組む企業の二極化が進んでいます。

 定期誌『MarkeZine』第33号(2018年9月号)では、第21号でも取り上げたBtoBマーケティングに再び注目。『BtoBマーケティングの新潮流』を特集し、先駆者にどのようにしてマーケティングで成果を上げればいいのか、カスタマーサクセスとは何かといった要点をうかがいます。これからBtoBマーケティングに取りかかりたいとき、その指針となるのではないでしょうか。

定期誌『MarkeZine』第33号(2018年9月号)
定期誌『MarkeZine』第33号(2018年9月号)

 約30年にわたりBtoBマーケティングに携わってきたシンフォニーマーケティングの庭山一郎氏には、「BtoB企業が生き残るためのマーケティング入門」を寄稿していただきました。伝統的に営業部門が強い日本企業が経営戦略としてマーケティングを取り入れ、活用するための手法を解説されます。

 セールスフォース・ドットコムの仲澤輝宏氏と坂内明子氏には、BtoBのサービスにおいて一般的となってきたサブスクリプション型のビジネルモデルにおいて重要視されるカスタマーサクセスの理論と実践について紹介していただきます。信頼されるアドバイザーになるために、顧客の成功体験をいかにサポートするか、その重要性が語られます。

 最後に、HDEの水谷博明氏とフィードフォースの小林右京氏に、BtoB企業がマーケティングで得たリードを案件になるまで育てるインサイドセールスについて尋ねます。どのように組織作りをすればいいのか、何が課題になるのか、実体験から語られるノウハウは説得力があります。

 定期誌『MarkeZine』第33号についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ特設ページをご覧ください!

定期誌を詳しく知りたい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/26 07:00 https://markezine.jp/article/detail/29262

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング