MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソウルドアウト、マーケティングラボを新設/中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援促進へ

2018/09/14 13:30

 ソウルドアウトは、デジタルマーケティング領域で中小・ベンチャー企業の成長支援をするサービスをさらに拡充していくことを目的として、「ソウルドアウト・マーケティング・ラボ」を設立した。

 同ラボでは、同社マーケティング顧問の丸岡吉人氏監修のもと、ソウルドアウト社内に設置され、同社取締役CMOの美濃部哲也氏が責任者を務める。第一弾の取り組みとして、同社社外取締役の田中洋氏助言のもと、中小・ベンチャー企業の事業成長につながる独自のマーケティングメソッドとして「テリトリー・ブランディング・メソッド」を開発した。

 同社は今後、同メソッドを活用したサービスを展開することで、顧客企業の強みを生かした事業成長を支援していく。

丸岡吉人氏(左)田中洋氏(右)

丸岡吉人氏(左)
田中洋氏(右)

丸岡吉人氏
跡見学園女子大学教授/電通総研所長
1984年東京大学大学院修士課程(社会心理学)修了の後、株式会社電通に入社。同社 iPR局長、マーケティングソリューション局長、デジタルマーケティングセンター長、 株式会社電通デジタル 代表取締役社長(兼)チーフオペレーティングオフィサーを歴任し、2017年3月より株式会社電通 電通総研所長。2018年4月より跡見学園女子大学マネジメント学部教授。
田中洋氏
中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授/日本マーケティング学会会長/京都大学博士(経済学)
株式会社電通マーケティングディレクター、法政大学経営学部教授、コロンビア大学客員研究員などを経て、2008年より中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授。

【関連記事】
ソウルドアウト、Amazon広告の活用を支援する専門チームを発足
ソウルドアウト、ベクトルと包括的業務提携 地方拠点におけるPR領域のサービス展開が目的
ソウルドアウト、スマホ上で手軽に計測データを閲覧できるダッシュボードを開発 顧客企業向けに無償提供へ
ソウルドアウト、デジタルを活用した事業のサポートサービスを開始 第一弾に運転免許ポータルサイトを支援
ソウルドアウト、見込み顧客の獲得支援サービスを提供開始 自社運営オウンドメディアもリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5