SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、スマホ向けアドプラットフォーム「AMoAd」での「3D AD」の提供を開始

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、スマートフォンアドプラットフォーム「AMoAd」において、3DCG関連の事業開発を行うVRize(ブイアライズ)と業務提携を結び、「3D AD」の提供を開始した。

「3D AD」イメージ(画像下部が広告)

 「3D AD」は、タップやスクロール、ジャイロなどの操作に合わせて広告上でキャラクターがアクションを起こす広告。これによって、ユーザーの興味を引くようなインタラクティブな体験とリッチな表現ができる。

 今回、アドテクスタジオがVRizeと連携したことで、同広告を「AMoAd」が保有するメディアネットワークに配信できるようになった。これによって、ユーザーの広告接触時におけるサービスへの興味・関心を引き上げる。そのため、これまでのようなサイトへの誘導だけでなく、広告を通じたユーザーとサービスのエンゲージメントの向上も図ることができる。

【関連記事】
アドウェイズ、VRizeの3D技術を使った広告メニューを開始!低コストでリッチクリエイティブを実現
3DCGを用いた広告配信が可能に!VRize、アドネットワーク「3D AD」をリリース
CyberBull、「バーチャルスタジオ」の開発に着手 3DCGで幅広いロケーションの再現が可能に
Mobile360、VR/AR及び3Dゲーム内の広告配信を可能に ゲーム上に溶け込む広告でUX改善
サイバーエージェント、3DCG動画制作を強化 3Dスキャニング技術を保有するAVATTAを子会社化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/01 13:45 https://markezine.jp/article/detail/29340

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング