MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サイバーエージェント、スマホ向けアドプラットフォーム「AMoAd」での「3D AD」の提供を開始

2018/10/01 13:45

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、スマートフォンアドプラットフォーム「AMoAd」において、3DCG関連の事業開発を行うVRize(ブイアライズ)と業務提携を結び、「3D AD」の提供を開始した。

「3D AD」イメージ(画像下部が広告)

 「3D AD」は、タップやスクロール、ジャイロなどの操作に合わせて広告上でキャラクターがアクションを起こす広告。これによって、ユーザーの興味を引くようなインタラクティブな体験とリッチな表現ができる。

 今回、アドテクスタジオがVRizeと連携したことで、同広告を「AMoAd」が保有するメディアネットワークに配信できるようになった。これによって、ユーザーの広告接触時におけるサービスへの興味・関心を引き上げる。そのため、これまでのようなサイトへの誘導だけでなく、広告を通じたユーザーとサービスのエンゲージメントの向上も図ることができる。

【関連記事】
アドウェイズ、VRizeの3D技術を使った広告メニューを開始!低コストでリッチクリエイティブを実現
3DCGを用いた広告配信が可能に!VRize、アドネットワーク「3D AD」をリリース
CyberBull、「バーチャルスタジオ」の開発に着手 3DCGで幅広いロケーションの再現が可能に
Mobile360、VR/AR及び3Dゲーム内の広告配信を可能に ゲーム上に溶け込む広告でUX改善
サイバーエージェント、3DCG動画制作を強化 3Dスキャニング技術を保有するAVATTAを子会社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5