SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン、デジタル広告のリーチ&ビューアビリティ計測を統合した新ソリューションを提供開始

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、デジタル広告のリーチ計測とビューアビリティ計測を統合したソリューション「Nielsen Qualified Ad Audience Solution」を、ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)内で提供開始した。

 同ソリューションは、ターゲット視聴者属性別に、デジタル広告のビューアブルリーチ、およびビューアブルインプレッションを計測できる。また「無効トラフィックフィルタリング機能」により、ユーザーからのインプレッションと、マルウェアから生成された広告詐欺であるインプレッションとを区別することが可能だ。

 ビデオ広告の視聴された時間を基に効果を評価する「視聴時間加重ビューアブルビデオインプレッション」の指標や、クリエイティブタイプ別の効果分析機能なども備えており、現在はプレミアムデジタルビデオアドサーバーである「FreeWheel」と「Innovid」で利用可能となっている。

【関連記事】
「Spotify」がニールセンのNielsen Brand Effectを導入/広告効果が測定可能に
「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」が日本でもリリース 記事から動画まで包括的に測定
若年層ほど動画広告での態度変容が期待できることが判明【ニールセン デジタル調査】
ニールセンとTrue Dataが提携 小売企業向けに分析ソリューションを展開
有料動画アプリの利用者数が2年間で154%増/動画アプリの利用状況は?【ニールセン デジタル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/29350

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング