SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天と西友、「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープン!配達時間指定にも対応

 楽天と西友は、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープンした。

 同事業は、楽天とウォルマートが2018年1月に発表した戦略的提携の一環。楽天が有する会員基盤およびECの知見や、実店舗を運営する西友のスーパーマーケット運営ノウハウといった、両社の強みを活用している。

 昨今、共働き世帯の増加やライフスタイルの変化により、国内のネットスーパー市場は拡大を続けている。一方、既存の事業者では配送や品揃えの観点から、高まるニーズに充分に対応しきれていない。こうした背景から、両社は同事業の提供を開始した。

 同事業では、「低価格」と「質」の両方を重視した、生鮮食品をはじめとする食品や日用品を提供する。このほかにも、時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品、「楽天市場」で人気のお取り寄せグルメ、有機野菜や有機野菜サラダなど、最大20,000品目を取り扱う。ミールキットについては、育児中の父母を対象とした会員プログラム「楽天ママ割」との共同開発商品も展開する。

 配送に関しては、西友の実店舗からの配送に加え、ネットスーパー専用センターおよび数ヵ所の配送拠点を本格稼働させる。ユーザーは配達の時間指定をすることもでき、また商品は注文から最短4時間で配達される。

 加えて、楽天IDとの連携により、ユーザーは楽天IDに登録済みの住所やクレジットカード情報などを利用可能。「楽天スーパーポイント」を貯めたり、使用したりすることもできる。

 同事業の展開エリアは16都道府県で、会費は入会費・年会費とも無料。年中無休、24時間受付が可能だ。

【関連記事】
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューションを採用 購買傾向などを容易に可視化
楽天とウォルマートが日米における戦略的提携を発表~日本では「楽天西友ネットスーパー」を共同運営へ
楽天インサイト、楽天IDを活用した調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始
楽天とAdRoll Group、広告プラットフォームを提供する新会社「楽天アドロール」を設立
楽天IDとぐるなび会員IDが連携 飲食店舗へ「楽天エコシステム」を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/26 18:00 https://markezine.jp/article/detail/29582

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング