MarkeZine(マーケジン)

記事種別

天気に合わせて広告を自動配信!電子チラシサービス「Shufoo!」に気象ターゲティング広告が登場

2018/11/06 16:30

 凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、Shufoo!アプリ内において、気象連動広告「Shufoo! 気象ターゲティング広告」の配信を、2018年11月7日より開始することを発表した。

 「Shufoo! 気象ターゲティング広告」は、凸版印刷のグループ会社であるマピオンの「環境データマート」から気象データを取得し、Shufoo! DMPに蓄積したユーザー一人ひとりの買い物行動エリアなどで配信対象をセグメント化。設定された気象条件に応じて、Shufoo!アプリ内において自動で広告を配信するというもの。常に変動する気象に応じて自動配信するため、運用負荷を軽くし、最適なタイミングで配信することができる。

「Shufoo! 気象ターゲティング広告」サービスイメージ
「Shufoo! 気象ターゲティング広告」サービスイメージ

【関連記事】
DACの「AudienceOne」、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」のDMPと連携開始
凸版印刷、電子チラシサービス「Shufoo!」でレシート情報の取得をスタート
凸版印刷、電子チラシサービス「Shufoo!」でID連携サービスを提供 第一弾にTカードと連携
凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」、広告閲覧者の来店を可視化できる新プランを提供開始
凸版印刷、電子チラシのターゲティング広告サービスをリリース~3,000万人の閲覧データを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5