MarkeZine(マーケジン)

記事種別

クレジットカードの情報だけで店舗への送客が可能に!凸版印刷、「トッパンCLOサービス」の提供へ

2018/11/20 14:30

 凸版印刷は、クレジットカードの利用情報を活用し、同社メディアから店舗への集客を促すCLO(Card Linked Offer)サービスのオープンプラットフォーム「トッパンCLOサービス」の提供を2019年春より開始する。

「トッパンCLOサービス」イメージ
「トッパンCLOサービス」イメージ

 昨今、QRコードやバーコード・電子クーポンなど様々な決済手段を用いて、ユーザーをWebやスマートフォンから実店舗に送客するサービスが拡大している。一方で、店舗側では、QRコードやバーコードなどを認証するために、追加機器の導入やレジの改修を行ったり、オペレーションの変更をしたりするなど、業務負荷が大きくなってしまう問題があった。また、ユーザーにとっても、キャンペーンやクーポン発行が乱立し、混乱を招いてしまうことがあった。

 これに対し「トッパンCLOサービス」では、クレジットカード決済手段のみで店舗への送客をすることが可能になる。同サービス加盟店は、機器の購入やPOSレジの改修、オペレーション変更などをする必要がなく、従来通りの運用で効果的な来店促進プロモーションを実現できる。またユーザーは、特定のクレジットカード会社に制限されることなく、同社メディア上でクレジットカードを登録し、加盟店で利用するだけで特典を得ることができる。

 従来の一般的なCLOサービスでは、クレジットカード会社ごとにプロモーション施策が行われていた。一方、同サービスでは、加盟店はクレジットカード関連のシステムに依存することなくプロモーション施策を実施することが可能になる。

 さらに、同サービスは、送客したユーザーのクレジットカード決済額に応じて報酬が支払われる成果報酬型システムのため、プロモーション媒体の費用が不要だ。そのため、施策の費用対効果を明確にすることができる。

 同社は今後、同サービスと電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」の連携を予定している。これによって、月間1,100万人のユニークユーザーに対してリーチをすることが可能になる見込みだ。

【関連記事】
DACの「AudienceOne」、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」のDMPと連携開始
凸版印刷、MAと連動した「DM自動発送サービス」の提供を開始 顧客に合わせたDMの発送が可能に
凸版印刷とレモネード、Instagramと連動した店頭プロモーション活性化サービスの提供を開始
凸版印刷、電子チラシサービス「Shufoo!」でレシート情報の取得をスタート
凸版印刷、ECシステムベンダーのMonoposを買収 小売り業界のオムニチャネル化を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5