MarkeZine(マーケジン)

記事種別

現場担当者に聞く!
CRM最新事情(後編)

2006/11/06 00:00

「ユーザーにやさしいCRMツール」をスローガンに、誰にもすぐに使える簡単操作を実現しながらしかも高機能を備えた統合顧客管理システム「Synergy!」。今回は、「『Synergy!』の機能とメリット」について、前編に引き続きご紹介していきます。

フロントオフィスを支援するCRMツール

 さて、前編では“CRM成功のツボ”を学んできましたが、後編の今回は「Synergy!」の機能やメリットについて見ていきましょう。実際にCRMツールを導入するとなると、ここでまた一つ問題が起こってきます。というのは、CRMツールの難しさです。たしかに大手ベンダがリリースしているエンタープライズ向けツールは、高度な知識がないと使いこなせないものも少なくありません。

 しかし、自社のビジネスをもう一度よく振り返ってみましょう。果たしてそんな数百万、数千万円もして、専門の分析エンジニアの知識を要求するものばかりが必要なのでしょうか。多くの場合、ビジネスの現場では顧客のデータ管理と、それに付随した顧客とのコミュニケーション~メールやお問い合わせ対応などができれば必要十分であり、なおかつそれが営業の現場にとってはもっとも欲しい“便利機能”なのです。

 そこでぜひ注目したいのが、シナジーマーケティング株式会社の提供する統合顧客管理システム「Synergy!」です。「『Synergy!』は顧客コミュニケーションを強力に支援することを目標にした、まさにフロントオフィスを支援するためのCRMツールです。そのため、コアとなる顧客データベースを最重視した設計になっており、顧客プロファイルデータベースに、これまでの購入やお問い合わせ実績を見られる履歴データベースを組み合わせて、お客様の静的/動的な情報をもらさず管理できるため、B to B、B to Cいずれにも強力なセールスフォースをもたらします」(大塚氏)

 「Synergy!」は基本サービスである「Synergy! BASIC」をコアに、メール配信システム「Synergy! POEM」、簡単にアンケート作成ができる「Synergy! WISH」、問い合わせなどの顧客対応支援の「Synergy! HEAR」、そしてモバイルサイト構築を容易に行える「Synergy! MOVE」などの拡張サービスが用意され、企業の顧客管理・対応をトータルにサポートする製品構成になっています。オプションは必要に応じて選べるため、最小限のコストで必要な機能をそろえられるのも、限られた予算内でのCRMを目指す中堅企業には魅力です。

 
くわしい製品情報はこちらから! お問合せはこちらから!

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5