SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、広告配信によりライブ配信サービスのマネタイズに貢献する「PFX LIVE」開発

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、運営するスマートフォン特化型SSP「CA ProFit-X」において、ライブ配信サービスのマネタイズに特化したサービス「PFX LIVE」を開発した。 

 近年、ライブ配信市場は世界的に成長を遂げており、ライブコマースやゲーム実況サービスといった、ライブ配信機能を利用したサービスメディアの設立が相次いでいる。しかし、ライブ配信サービスのマネタイズはライブ視聴者の課金に依存しており、ユーザー体験を損なうことなく安定した収益源となる広告を掲載することが課題だった。

 このような背景のもと、ライブ配信サービスを運営している事業者の収益拡大を図るため、同サービスが開発された。同サービスには、ライブ視聴者のユーザー体験に配慮した様々な広告配信機能や、ライバーへの広告収益の還元が可能なレポート、サポート機能が含まれる(※広告収益の還元の実施有無については、ライブ配信サービスとライバー間での取り決めに準拠)。

 広告配信機能の第一弾として提供された「Pause roll」では、ライブ配信者が配信を一時的に中断するタイミングで、ライブ視聴者に対して広告配信を実施。ライブ配信者が意図した任意のタイミングで広告配信を行うことで、ライブ視聴者の高い広告視聴が期待できるほか、ユーザー体験を損なわないような広告配信が可能となる。

「Pause roll」のイメージ
「Pause roll」のイメージ

 今後は、ライブ配信開始前の広告配信機能「Pre roll」や、ライブ配信終了後の広告配信機能「Post roll」が追加される予定だ。

【関連記事】
CAアドテクスタジオのダイナミックリターゲティング広告、オプトの「Spin App」と連携を開始
CAの「AIR TRACK」が「AJA SSP」と接続開始 インフィード在庫への配信拡大へ
サイバーエージェント、「CA ProFit-X」に新機能を搭載 事前に設定した掲載基準で広告を精査
CA Wise、実店舗を活用したリアルアフィリエイトを提供開始!ターゲットへ直接的なアプローチが実現
CA、Amazon広告に特化した運用パッケージを提供開始!スポンサー広告&DSP対応の負担を軽減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/29901

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング