MarkeZine(マーケジン)

記事種別

人口統計などを活用しオーディエンスデータ拡張を実現!クライド、DSPに新たな広告配信メニューを追加

2018/12/13 15:30

 BtoB企業支援のアドテクノロジー事業を行うクライドは、広告配信プラットフォーム「ADMATRIX(アドマトリックス) DSP」において、人口統計と行動履歴をもとに外部のオーディエンスデータを拡張する「ADD(アド)オーディエンス配信」の提供を開始した。

「ADDオーディエンス配信」イメージ
「ADDオーディエンス配信」イメージ

 「ADMATRIX DSP」は、BtoB企業の広告需要に特化したターゲティング技術を有するディスプレイ広告配信プラットフォーム。現在、月間約2,000億インプレッションの広告配信在庫を保有しており、広告配信機能の一つ「オフィスターゲティング」では、特定の企業・業種のターゲティングが行える。

 今回提供開始となった「ADDオーディエンス配信」は、クライド独自の拡張ロジックを用いた広告配信メニューで、「ADMATRIX DSP」の外部オーディエンスデータをベースに、同社がこれまで蓄積してきた行動履歴データと、新たに取り入れた人口統計データを活用。これによって、従来型の他のオーディエンス拡張配信サービスよりも高精度なターゲティングを維持することが可能になる。

 また、これまで配信対象にすることが難しかった潜在顧客層に対しても、幅広く配信が行えるようになり、より精度の高い広告配信を実現することができる。

【関連記事】
フルスピード、フィードフォースとEC事業者のInstagram「ショッピング機能」活用を支援
カームボールド、フルスピードグループのアドテクノロジー事業を継承し社名を「クライド」に変更
フルスピードとアイティメディアが協業 BtoBターゲティングの精度向上とABM支援へ
クライドのDSPがGMOリサーチの消費者データと連携 高精度なターゲティング広告配信が可能に
クライドの「ADMATRIX DSP」、BtoBマーケティングプラットフォーム「FORCAS」と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5