SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日テレ、ドラマ連動型の会話サービス「AI 家売るオンナ」開始 4人のキャラクターとのトークを実現

 日本テレビ放送網とNTTレゾナント、フォアキャスト・コミュニケーションズは、日本テレビ系列水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」と連動したAI会話サービス「AI 家売るオンナ」の提供を開始した。

同サービスのイメージ画面
同サービスのイメージ画面

 同サービスは、「家売るオンナの逆襲」のLINE公式アカウントと友だちになることで利用できる。ユーザーが会話を始めると、LINE Messaging APIを利用したLINEアカウント上で、AIキャラクターが返答。ユーザーは、ドラマの舞台「テーコー不動産株式会社」の社員によるLINEグループに参加しているかのような感覚で、会話を楽しむことができる。

 同サービスでは、NTTレゾナントの技術「gooのAI」を活用し、最大4人のAIキャラクターとの会話を実現。各AIキャラクターは、1つの投稿に個々で応答するのではなく、キャラクターごとに直前の会話の文脈を踏まえて返答する。

 また、ドラマの各話放送終了後に、ドラマの内容とユーザーとの応答履歴をディープラーニングで学習するため、ドラマの進行と連動して会話内容が変化していく。

 さらに、ユーザーとAIキャラクターの親密度によっても会話の内容が変わる。親密度は、会話の量や継続性のほか、AIキャラクターの名前を呼びかけて会話することで変化し、親密度が高くなればAIキャラクターとの会話が盛り上がりやすくなる。

 なお、3社がAI会話サービスを提供するのは、2017年7月の「AIカホコ」に続き2回目。

【関連記事】
NHK、日テレNEWS24、フジテレビ系列のFNNなどが「LINEアカウントメディア」に参画
日本テレビ、オールアバウトライフマーケティングと合弁会社設立 番組と連動したECサイトを展開
視聴者からの問い合わせにLINEのトーク機能で対応!日テレ通販番組「オムニチャネルサポート」導入
ビデオリサーチ・NTTレゾナント・クロスリスティング、データ連携&新ソリューション構築を開始
日本テレビ、PC・スマホ・タブレットに番組無料配信へ~無料動画配信ソリューションにBrightcove Video Cloud採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/07 14:00 https://markezine.jp/article/detail/30058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング