MarkeZine(マーケジン)

記事種別

BtoB商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧【ITコミュニケーションズ調査】

2019/01/18 16:00

 ITコミュニケーションズは、BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査を実施し、結果を発表した。

 同調査では、製品やサービスを検討した際、スマートフォンで企業のWebサイトを閲覧したかを質問。その結果「スマートフォンで閲覧した」が49.7%、「スマートフォンで閲覧しなかった」が49.7%と同率に。BtoB商材でも、製品やサービスを検討する段階においては、PCとスマートフォンを使い分けて情報収集していることが明らかになった。

 その他の結果は次の通り。

検討のきっかけにはWebだけではなくテレビも有力

製品やサービス検討のきっかけ(情報収集初期)になった主な情報源
製品やサービス検討のきっかけ(情報収集初期)になった主な情報源

 最近関わった、製品やサービス検討のきっかけ(情報収集初期)になった主な情報源を5つまで尋ねたところ、「各種Webメディア」が43.8%と最も多かった。次いで「テレビ」が36.0%、「提供企業のWebサイト」が27.4%という結果になった。

参考になるWebサイトのコンテンツとは?

参考にしたWebサイトのコンテンツ
参考にしたWebサイトのコンテンツ

 製品やサービスの検討段階で利用した主な情報源として「提供企業のWebサイト」を選択した人に、参考にしたWebサイトのコンテンツを聞いたところ、「製品/サービス情報」が87.9%でトップに。「価格/料金表」が65.0%、「実績/事例情報」が61.1%と続いた。

 また「ダウンロード資料(製品概要・仕様書など)」は44.6%、「ダウンロード資料(ノウハウ集・レポートなど)」は27.4%であり、これらを充実させることが、差別化のポイントになると考えられる。

メルマガでの情報発信にも一定のニーズが

提供企業からのメールマガジンとして、適当だと考える配信頻度
提供企業からのメールマガジンとして、適当だと考える配信頻度

 提供企業からのメールマガジンについて、適当だと考える配信頻度を聞いたところ、「月に1~3回」の32.8%が最多に。次いで「週に1~2回」が25.4%、「面白ければ配信頻度にこだわらない」が18.4%となった。内容にも影響を受ける可能性は高いものの、メールマガジンで情報収集を行いたいというニーズは一定数あるとみられる。

【調査概要】
調査対象:Fastaskモニター会員(現在勤務している会社で購入・導入する製品やサービスを検討する意思決定に関わったことがある会社員)
調査期間:2018年10月5日~9日
調査方法:Webアンケート
回答者数:445名

【関連記事】
ITコミュニケーションズ、動画制作に特化した「コンテンツ分析センター」を設立
ヤフー、企業DB・IPアドレスと連携した「BtoBターゲティング広告」を提供開始
ログリー、ビルコムと合弁会社「クロストレックス」を設立 BtoB企業のコンテンツマーケを支援
電通、英国の市場調査会社B2B Internationalを買収 BtoB領域のサービス機能を強化
電通デジタル、BtoB企業のブランド力指標を基盤にしたマーケティングのコンサルティングサービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5