SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エンタメデータを活用!博報堂DYグループ、ぴあと新マーケティング・ソリューションを開発

 博報堂DYホールディングスは、博報堂DYメディアパートナーズ、ぴあと共同で、エンタテインメント業種特化型マーケティング・ソリューション「カテゴリーワークス Entertainments」を開発した。

 「カテゴリーワークス Entertainments」は、博報堂DYグループの「生活者DMP」と、ぴあの「PIA DMP(※1)」が保有するWebメディア「ウレぴあ総研(※2)」の閲覧データを連携し、マーケティングに活用するソリューション。「ウレぴあ総研」のサイト閲覧状況を分析することで、エンタテインメントのトレンドや、周辺ジャンルなどに存在する潜在顧客の趣味、嗜好、興味の状況を、生活者のアクチュアルデータとして把握し、顧客インサイトを発掘する。これにより、マーケティング戦略をより精緻に立案することが可能になる。

 また、「ウレぴあ総研」に在籍するエンタメカテゴリーの専門家であるエディター/ライターチームと協業することで、分析結果を反映したメディア/コンテンツ制作やクリエイティブ開発を行う。さらに、閲覧状況を踏まえたターゲットセグメントによる高精度な広告配信や、博報堂DYグループが保有する生活者DMPを活用することで、効果的なマスプラニングも可能だ。

 三社は今後、「ウレぴあ総研」に加え、ぴあが保有する「PIA DMP」の会員データ、音楽・スポーツ・演劇・映画などライブ・エンタテインメントのチケット購入/購入意向データおよび嗜好性データ等のマーケティング活用も視野に、「カテゴリーワークス Entertainments」をさらに強化していく。

※1「PIA DMP」
「チケットぴあ」約1,700万人の会員データ、年間7,000万枚を超えるチケット購入/購入意向データ、アーティスト/ジャンル嗜好性など、熱狂するファンの行動データを蓄積(個人情報は含まない)。加えて、「ウレぴあ総研」「ぴあ映画生活」などにより蓄積した、嗜好性の高いメディアオーディエンスデータを連携・活用可能な統合データマーケティングプラットフォーム。

※2「ウレぴあ総研」
エンタメ、レジャー、ディズニー、グルメ、アニメ、ママ、ファミリー、女性、ライフスタイルなどユーザーの趣味・嗜好、ターゲットに合わせ多種多様なジャンルでユーザーに最適な情報を届けるメディア。

【関連記事】
スポーツ関連などのセグメントデータを拡充!ぴあデジタルコミュニケーションズ、「PIA DSP」を強化
「ぴあ」がプライベートDMPを提供開始へ 音楽・スポーツ・レジャー業界のマーケティングを支援
博報堂DYグループ、プロジェクトチーム「SP EXPERT’S」を組成 デジタル施策を一気通貫で支援
博報堂DYグループ、新プラニング手法「生活者モードベースドプラニング」を発表
博報堂DYグループ、「TV Cross Simulator」対応メディアにInstagramを追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/25 14:30 https://markezine.jp/article/detail/30213

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング