MarkeZine(マーケジン)

記事種別

キメラ、記事コンテンツ毎にユーザーのロイヤリティを可視化するツール「Chartbeat」を提供へ

2019/01/29 14:00

 キメラは、記事コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat」の国内向け営業およびサポートを、2019年2月から開始する。

 パブリッシャーのメディアビジネスは、欧米をはじめ全世界において激変している。「ページビューを増やし広告収益を伸ばす」という従来のモデルから、記事コンテンツを核としたイベント開催やコミュニティー作り、有料購読への移行など、メディアビジネスの収益モデルが変化しつつある。今後メディアビジネスでは、質の高い記事コンテンツを提供し、ロイヤリティの高いユーザーをいかに囲い込めるかが重要になる。

 同社はこうした背景から、同ツールを開発・提供するChartbeatとパートナーシップ契約を締結。日本国内の総代理店となった。

同ツールのイメージ
同ツールのイメージ

 同ツールと一般的なアナリティクスツールとの違いは、記事コンテンツごとにユーザーのロイヤリティを可視化できる点。デスクトップパソコンやスマートフォンといったデバイス別および、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアごとの反応、「新規」「再訪問」「ロイヤルユーザー」それぞれの行動を可視化・分析できる。これらを数秒ごとのリアルタイムで表示できるほか、過去の実績も出力可能だ。

 同社では今後も、パートナーシップ提携や自社開発のサービスやプロダクトを通じて、メディアの記事コンテンツ評価と質の向上、記事コンテンツのマネタイズに貢献するツールやプロダクトを提供する。また、同様の取り組みをアジア圏に向けても展開していく。

【関連記事】
brainy、パブリッシャー向けにフルオーダー性のレポーティング集約サービスを提供開始
brainy、パブリッシャー向けにプログラマティック広告運用の一貫した支援サービスを提供
Criteo、広告在庫を広告主と直接つなぐ新技術でパブリッシャーに平均20%の収益増を実現
PubMatic、パブリッシャー向けヘッダー入札戦略最適化ソリューションを発表
パブリッシャーに数十万点の画像を無償提供!サイバーエージェントとアマナイメージズが事業提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5