MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アドエビス、オンラインとオフラインのデータを統合した広告成果の判断とアトリビューション分析が可能に

2019/02/08 15:00

 ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、オンライン上の流入施策が、来店購入や電話注文などのオフライン上で発生したコンバージョンに与えた影響を分析・評価できる機能を追加した。

 ECの浸透やデジタルマーケティングの発展にともない、顧客接点が多様化している。これにより、実店舗で商品やサービスの提供を行う不動産や美容といった事業者においても、来店促進施策のデジタルシフトが進行。オンライン上の販促成果と、実店舗の顧客情報を統合した成果判断へのニーズが高まっている。

 一方、SNSで見た服を店舗で試着し、ECサイトで購入するといった、オンラインとオフラインをシームレスに行き来する消費行動が普及していることから、オンライン販売を行う事業者においても、オムニチャネル化が注目されている。

 今回の機能追加により、実店舗や電話といったオフライン環境で発生したコンバージョンを同プラットフォームに取り込むことで、オンラインとオフラインのデータを統合した広告成果の判断とアトリビューション分析が可能に。同プラットフォームと顧客データを連携することで、施策単位でのライフタイムバリューやリピート率、引き上げ率なども確認できる。

 これにより、オムニチャネル化および顧客特性に合わせたOne to Oneマーケティングが実現する。また、収益性を加味した施策実施と成果判定が可能になる。

【関連記事】
ロックオン、アドイノベーションの「アプリユーザー総合分析ツール」を譲受/アドエビスの分析力を強化
アドエビス、広告配信プラットフォームへ成果通知を行う「ポストバック機能」をリリース/ITPにも対応
サイトコンテンツのCV貢献度を可視化!アドエビスに「コンテンツアトリビューション分析」機能が追加
ユーザーログを活用した広告配信が可能に 「アドエビス」がフリークアウトのプラットフォームと連携を開始
アドエビス、「CallTracker」との連携を開始 電話のコンバージョン計測が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5