MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アドフレックス、DSP広告の自動運用最適化ツール「Scibids」を導入 AIによる多次元分析を実現

2019/02/13 07:30

 アドフレックス・コミュニケーションズ(以下、アドフレックス)は、仏Scibids(サイビッツ)が提供する、AIを用いたアルゴリズムによるDSP広告自動運用最適化ソリューション「Scibids」を用いた広告配信を開始した。

 「Scibids」は、運用型広告の自動化と最適化に特化したアルゴリズムソリューション。同ソリューションのAIは、機械学習にもとづく「アルゴリズムによる運用」を行うことで、DSP広告配信における予算・キャンペーンの最適化を行う。

「Scibids」のAIは、多次元分析(複数シグナルの同時分析)を行う(図右)

 「Scibids」はまた、インプレッションごとのコンバージョン率の予測や予算配分の最適化、DSPの設定更新などを行うことで、運用アカウントを最適化。数値による根拠も、スピーディーに可視化されるという特徴を持つ。同ソリューションはさらに、毎月膨大なログデータを処理し、全世界の40を超えるメディア運用者に対して、毎月50万もの購買モデルを生成している。

 これによって企業においては、キャンペーン設計やターゲット分析、メディア戦略などはネット広告担当者が対応し、レポート作成やキャンペーンの調整といった比較的単純な作業は「Scibids」の運用で自動化するなど、効率的な業務分担が可能になる。

 なお、アドフレックスが「ディスプレイ&ビデオ 360」の複数のキャンペーンにおいて同ソリューションを導入したところ、住宅設備会社の例では、導入後1週間でCV数58%の増加、CPA79%の改善が見られた。

【関連記事】
DSP「Logicad」、「GMO SSP」との接続を開始 ネイティブ広告枠を大幅強化へ
スポーツ関連などのセグメントデータを拡充!ぴあデジタルコミュニケーションズ、「PIA DSP」を強化
クライドの「ADMATRIX DSP」がニールセンとデータ連携 動画広告の詳細な効果測定が可能に
KCCSの広告配信サービス「KANADE DSP」、ランドスケイプの企業データベース「LBC」と連携
CA、Amazon広告に特化した運用パッケージを提供開始!スポンサー広告&DSP対応の負担を軽減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5