SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

 サイバーエージェントの連結子会社で、動画広告を軸に企業のマーケティング支援を行うCyberBull(サイバーブル)は、スーパーやコンビニエンスストアといった小売店の販促活動を支援する専門組織「リテールメディア開発室」を新たに設立する。

 昨今、デジタル技術の活用はオンライン上のビジネスに限らず、小売業の実店舗においても、AIや決済システムをはじめとする新たなテクノロジーの導入が進んでいる。CyberBullでも、認知から購買に至るまで一貫した動画マーケティング支援を実現するため、店頭サイネージ連動型の動画広告パッケージ「CROSS BRIDGE」を提供するなど、リアルとデジタルを掛け合わせた広告による購買行動の促進を図ってきた。

 今回設立された「リテールメディア開発室」では今後、これまで培った知見をもとにIoTやAIを活用したプロダクト開発や店頭サイネージによる販促支援を行う。これによって、店舗のデジタル化の推進・顧客の新しい買い物体験の創出を目指す。

【関連記事】
CyberBull、リサーチ会社とのデータ連携を開始 動画広告の売り上げ寄与度を可視化へ
CyberBull、「バーチャルスタジオ」の開発に着手 3DCGで幅広いロケーションの再現が可能に
テレビCMと動画広告の最適な接触回数とは? CyberBullと資生堂ジャパンが共同検証を実施
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/14 11:00 https://markezine.jp/article/detail/30371

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング