MarkeZine(マーケジン)

記事種別

D2C RがByteDanceと広告パートナーシップを締結 TikTok戦略室を編成し企業支援へ

2019/02/15 12:00

 D2C Rは、ショートムービーアプリ「TikTok」における運用型広告の配信を可能にするため、ByteDance(バイトダンス)と広告パートナーシップ契約を締結した。

 近年、動画プラットフォームの利用時間は鈍化傾向にあるものの、ショートムービープラットフォームは成長を続けている。中でも「TikTok」は、2018年第1四半期に全世界App Storeのダウンロード数1位を獲得した。

 このような背景から、同社はByteDanceと広告パートナーシップ契約を締結。社内に専門のマーケティングチーム「TikTok戦略室」を編成し、スピーディーかつ質の高い配信で、企業の広告効果を最大化していく。

 また、同社の保有する広告効果測定データ基盤「ART DMP」を活用することで、IDFAなどのユーザーデータを基に、「TikTok」において、リターゲティングやデリターゲティング配信が可能になった。

【関連記事】
Bytedance、TikTokのクリエイター育成プログラムを発表 5億円を投入し1,000人を支援
「TikTok」向けの広告クリエイティブを実現!オプト、制作パッケージを提供開始
トレンダーズ、「TikTok」の広告パートナーに/専門のマーケティング部署を設立
「TikTok Ads」登場!ByteDance、広告配信プラットフォームを全面リニューアル
「TikTok」利用率は約7%/「Facebook」利用時間は減少傾向に【ICT総研調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5