SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、アプリメディア向けオーディエンスデータ活用支援を強化 『LOCARI』の広告商品開発を支援

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は、データコンサルティングサービス「DataCurrent」において、オーディエンスデータを活用したアプリメディア向けの広告ビジネス支援を強化する。

「LOCARI」との連携イメージ

 これによって、アプリメディアでは「DataCurrent」が保有する約1億のモバイル広告IDを活用した広告商品開発が可能になる。また、各IDに紐づく性別・年齢などの個人属性や興味関心情報をアプリメディアにおけるデータと連携することで、より効果的なマーケティング活動を行うことができるようになる。

 CCIは、この取り組みの先進事例として、女性向けメディアアプリ『LOCARI(ロカリ)』にてデータを用いた広告プランをリリース。同プランでは、『LOCARI』上で蓄積されたオーディエンスデータを軸に、広告主のマーケティング活動を支援するための施策が提供されている。

 この他、CCIではデータ取得用SDK(ソフトウェア開発キット)の導入サポートや、取得データを広告配信・分析に活用するための基盤を構築し、ソリューションの導入から広告商品開発まで一貫したサポートを提供していく。

【関連記事】
VRコンテンツ内に動画広告を配信!CCIとナーブ、広告プラットフォーム「VRトラベルAd」を販売開始
CCI、Quark tokyoとパートナーシップを構築 若年層マーケティングのソリューションを強化
CCI、米国の大手リサーチ会社eMarketerと業務提携 日本向けメールマガジンの独占配信を開始へ
通信・金融・不動産等の業界も対象!CCI、Amazon Advertisingの無料セミナーを開催
VOYAGE GROUPとCCI、持ち株会社の社名を「CARTA HOLDINGS」に決定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/27 10:30 https://markezine.jp/article/detail/30473

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング