SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチームを発足

 アドウェイズは、ByteDanceが提供する「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチーム「rhyThm」を発足した。

 「TikTok」は2018年10月より運用型動画広告のテスト配信を開始しており、アドウェイズはテスト配信当初より、運用ロジックやクリエイティブの分析を行ってきた。

 「rhyThm」では、「TikTok」の運用型動画広告を専門的に分析し、媒体特性に合った動画構成や表現、色合いやBGM、テンポ感など、各要素から広告効果を最大化する最適なクリエイティブ提案をすることで、広告主企業の目的に応じた効果的なプロモーションをサポートしていく。

【関連記事】
Google広告のアプリ キャンペーン動画広告を秒単位で分析!アドウェイズが新機能をリリース
Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携 スマホアプリ向け効果測定システムを事業譲受
主要メディアの運用型広告データを統合管理!アドウェイズ、「STROBELIGHTS X」をリリース
アドウェイズ、薬機法違反のリスクが高い箇所を指摘&表現案を提示するサービス「YACLE」を提供
アドウェイズ、YouTuber広告専用の効果測定ツールを提供するBUZZCASTと資本業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/05 11:15 https://markezine.jp/article/detail/30542

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング