MarkeZine(マーケジン)

記事種別

一般社団法人マーケターキャリア協会が設立 3つのミッション軸に活動開始

2019/03/06 13:00

 一般社団法人マーケターキャリア協会(以下、MCA)は2019年3月5日、渋谷の「Plug and Play Shibuya by 東急不動産」にて設立発表会を開催した。

 MCAは「マーケターの価値を明らかにする」というビジョンのもと、2019年3月1日に設立された。MCAの代表理事を務めるホールハートの代表取締役CEO小野進一氏は、発表会の中で設立の背景を語った。

株式会社ホールハート 代表取締役CEO 小野 進一氏

 「マーケティングについて考える協会や団体は様々ある中で、マーケターのキャリアについて真剣に考える協会や団体というのは見たことがありませんでした。各マーケターがどういう風になりたいのかに寄り添い、転職だけでなくフリーランスや起業など様々な選択肢を提供したいと思い、設立に至りました」(小野氏)

 また、発表会の中では、MCAが予定している活動内容についても明らかになった。基本的には、先述のビジョンのもと、以下3つのミッションに関する活動を進めていく。

・ビジネスを動かすマーケティングの貢献度を可視化する

・プロフェッショナルとしてのマーケターのキャリア構築を支援する

・ビジネスパーソンのマーケティング思考を育成する

 まず「ビジネスを動かすマーケティングの貢献度を可視化する」に関しては、CEOへの意識調査や成功したビジネスモデルに対するマーケティングの貢献度の研究を行う。さらに、大企業や中小企業、ベンチャー企業の垣根を超え、マーケティングに関して議論できる場を設けていくという。

 続いて「プロフェッショナルとしてのマーケターのキャリア構築を支援する」については、マーケティング従事者への意識調査はもちろん、メンターシッププログラムの実施を通じてメンターとメンティーが数ヵ月にわたり学び合える環境を用意。また、マーケティング事例の研究会も開催するなど、マーケターが自己研鑽できる取り組みを随時行っていく予定だ。

 最後の「ビジネスパーソンのマーケティング思考を育成する」においては、マーケターのみならずビジネスマン、学生などに裾野を広げて活動していく。具体的には、MCA主催セミナーの開催や各種メディアでの執筆活動、イベント登壇などを予定している。

 MCAは今後、ニューバランス ジャパンの鈴木健氏やイトーヨーカ堂の富永朋信氏などをはじめとした理事を中心に、様々なマーケターやメディアと協力をして上記3つのミッションに関わる取り組みを進めていくとした。

左より

MCAの設立時理事
左より、株式会社ホールハート 代表取締役CEO 小野 進一氏
相河 利尚氏(イベント内で株式会社イープラスへの転職を発表)
株式会社ベーシック  代表取締役 秋山 勝氏
株式会社ニューバランス ジャパン DTC&マーケティングディレクター 鈴木 健氏
株式会社インフォバーン 取締役 ソリューション部門 部門長 田中 準也氏
株式会社イトーヨーカ堂  執行役員 富永 朋信氏
Plug and Play Japan株式会社 VP,マーケティング/コミュニケーション 藤本 あゆみ氏

【関連記事】
メンバーズ、MA運用支援サービスの強化へ 1年間で100名の専門人材育成を計画
電通、ダイバーシティ&インクルージョン推進のため筑波大学と連携 人材育成や製品開発にも着手
日本経済社、パブリックアイデンティティを買収 デジタル事業のほか人材開発も強化
横浜市立大がインテージ、マイナビと産学連携 データサイエンス人材育成の促進と共同研究行う
マルケト、人材育成支援「Marketo University」を日本で本格展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5