SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トライバル、Instagramのストーリーズ投稿を収集・レポーティングする新サービスを提供

 トライバルメディアハウスは、ソーシャルメディア特化型サービスシリーズ「Social Transformation Series」の第5弾として、Instagramの投稿キャンペーンにおけるストーリーズ投稿を収集・レポーティングするサービス「Cam Collect」の提供を開始した。

 日本では、Instagramのデイリーアクティブアカウントの70%がストーリーズを利用しているといわれ、マーケティングにおいても注目を集めている。

 一方、企業のSNS担当者は、ストーリーズ投稿が24時間で消えてしまうために「投稿されたデータを取得することが困難で、数値を計ることができない」という悩みを抱えている。

 また、同社が企業・ブランドの実施するInstagramの投稿キャンペーンを50件調査したところ、50件すべてがストーリーズではなくフィード投稿を参加条件としており、ストーリーズへの投稿を参加条件とするキャンペーンが少ないことが明らかになった。

 同社は、Instagramの投稿キャンペーンにおいて、フィード投稿に加えストーリーズ投稿を参加条件とすることが、より多くのユーザーに閲覧・参加してもらう手段の1つであると考え、同サービスの提供に至った。

 具体的には、キャンペーン実施前に、キャンペーンで募集するストーリーズ投稿について、ハッシュタグやアカウント名などを提案。実施後は、投稿されたストーリーズについて、アカウント名やアカウントURL、投稿画面を撮影した画像データを収集し、資料として提供する。

【関連記事】
トライバル、Instagramのストーリーズハイライトに特化した企画・動画制作を行う「タテスキ」提供
Instagramのハッシュタグ利用状況を分析!トライバルメディアハウス、「#Finder」を提供
トライバルメディアハウス、ファンイベント支援ツール「Co-meeet」リリース
トライバル、インスタからのファン発掘から関係構築、施策実行まで行うサービス開始
トライバル、SnSnapとLINEのビジコネ活用した来場促進施策をサンリオピューロランドで実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング