SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スターバックス、LINE上で発行可能なスタバカードを提供 「LINE Pay」全店舗への導入も発表

 スターバックス コーヒー ジャパン(以下、スターバックス)とLINEは、2018年12月に締結した業務提携に関して、3つの具体的な取り組みを発表した。

 1つ目は、LINE上で発行・利用できる「LINE スターバックス カード」の提供。通常のプリペイドカード「スターバックス カード」と同様に、店頭でのキャッシュレス決済に利用できることに加え、スターバックスが提供するロイヤルプログラム「STARBUCKS REWARDS」にも参加可能だ。

「LINE Pay」を活用した「LINE スターバックス カード」のチャージ手順
「LINE Pay」を活用した「LINE スターバックス カード」のチャージ手順

 残高のチャージは「LINE Pay」から行えるほか、店頭において現金もしくはクレジットカードで入金できる。

 これにより、両社はシームレスなデジタル体験の実現を目指す。また、既存のアプリや「スターバックス カード」を利用する機会がなかった顧客に対し、LINE上で新しい接点を提供していく。

スターバックス「LINE公式アカウント」のイメージ
スターバックス「LINE公式アカウント」のイメージ

 2つ目の発表は、スターバックスの「LINE公式アカウント」の開設。スターバックスは、新商品や季節のおすすめ情報などの配信に加え、顧客に合わせたメニューの提案や限定商品の告知、限定イベントへの招待など、1to1のコミュニケーションをLINE上で展開していく。

 また今後は、顧客がお気に入りの一杯を探すのを助ける「カスタマイズ」機能や、フードメニューに迷った顧客におすすめの商品を紹介する「フードペアリング」機能も追加する予定だ。

 3つ目は、スターバックス全店舗への「LINE Pay」導入。2018年末から一部店舗に導入しテスト的に運用してきたが、今後は全店への導入を目指し、取り組みを拡大していく。

【関連記事】
LINE、スターバックスと業務提携を締結 デジタル領域におけるイノベーションを加速化
スターバックスが成長戦略を発表 Uber Eats導入/LINEと戦略的提携へ
LINEとダイエー、位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を開始 デジタルチラシを配信し来店計測
「LINE Pay」と「メルペイ」、連携により加盟店を相互開放 キャッシュレス社会の早期実現を目指す
LINE、トーク上でチャット形式のアンケートが可能に!第一弾はテレビ番組・CMに関する調査パッケージ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング