SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業サイトランキング「繊維業界編」、総合評価1位は旭化成、SEO評価トップはユニチカ

 今回の調査では、繊維業界の上場企業を中心とした主要企業48社の企業サイト(商品独自のウェブサイトやプロモーションサイトなどを除く)を対象として、「基本情報」、「情報発信、好感度やイメージ」、「ユーザビリティ」、「アクセシビリティ」、「SEO」の5分野、49の項目への対応度を検証している。各項目について4段階の評価を行い、独自の計算式にて100点満点で得点化。

 デジパが発表した資料によると、総合得点の1位は旭化成(89.1ポイント)、2位ユニチカ(88.2ポイント)、3位は帝人(87.0ポイント)となっている。総合評価のトップ10は次のとおり。

1位 旭化成
2位 ユニチカ
3位 帝人
4位 富士紡ホールディングス
5位 興和紡績
6位 東レ
6位 日本バイリーン
8位 日清紡績
8位 トーア紡コーポレーション
10位 東洋紡

 業界の特徴としては、Flashを多用したウェブサイトが比較的多い反面、ユーザビリティやアクセシビリティの面で平均ポイントが低い傾向が見られたという。1位の旭化成の場合、レイアウト目的でのtable要素の使用や、Flashのアニメーションの動きの強さといった項目でポイントが低くなったものの、全体的には標準をクリアして総合得点で高いポイントを獲得。2位のユニチカと3位の帝人は、お問い合わせフォームの使い勝手やその他の項目の小さな減点のため、ユーザビリティの分野でポイントが低めになっている。

 また、SEOについての評価のトップ5には以下の企業が名を連ねている(カッコ内の数字は得点)。

1位 ユニチカ(97.1)
2位 三菱レイヨン(94.2)
3位 クラレ(92.8)
2位 旭化成(92.8)
5位 東レ(91.3)

 総合トップ10に入っている企業は80~90点の高得点をマーク。中でもユニチカは97.1という高い評価を得ている。

【関連リンク】
ネットでの消費行動の決定には企業サイトの影響が大―ネットレイティングスの消費者動向調査
第1回 ユーザビリティでまず何を考えるべきか
「Webサイト価値ランキング 2007」発表、1位トヨタのサイト価値は1,386億円
事故対応で評価できる企業トップは松下電器、女性は男性よりも評価厳しい傾向

「デジパ、「業界別企業サイト分析 - 繊維業界編」を発表。繊維業界の主要企業48社の企業サイトを分析。」(プレスリリース)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/07 16:42 https://markezine.jp/article/detail/3083

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング