MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【インスタマーケの誤解を解消】企画力で成功した意外な商材3つ&最新機能の活用ノウハウを紹介

2019/05/13 10:00

 Instagramの成長が著しい。日本国内での月間アクティブアカウント数は2,900万(2018年9月時点)を突破し、利用者層も広がっている。実はマーケティングにおいても、かつては想像できなかった活用方法が次々と生まれている。今回はテテマーチの松重氏、三島氏を招き、フェイスブック ジャパンの田野崎氏とともにInstagramマーケティングの「4つの誤解」を解消していく。

目次
(左)テテマーチ株式会社 取締役 COO 松重 秀平氏(中央)テテマーチ株式会社 SNSマーケティング本部 本部長 三島 悠太氏(右)フェイスブックジャパン株式会社 執行役員 営業本部長 田野崎 亮太氏
(左)テテマーチ株式会社 取締役 COO 松重 秀平氏
(中央)テテマーチ株式会社 SNSマーケティング本部 本部長 三島 悠太氏
(右)フェイスブック ジャパン株式会社 執行役員 営業本部長 田野崎 亮太氏

工夫次第でどんな商材も可能!? オールマイティ化するインスタマーケ

誤解その1:マーケティングにInstagramを活用できるのは、女性向けの華やかな商材だけ

――今回はInstagramのマーケティング活用に関する思い込みを解消すべく、Instagramマーケティングの支援事業を展開されているテテマーチの松重さんと三島さん、フェイスブック ジャパンでFacebookとInstagramを活用したマーケティング支援を統括されている田野崎さんにお話を聞かせていただきます。

 まずは1つ目の誤解について、Instagramは化粧品やアパレルなど、女性向けの華やかな商材で活用するものだとイメージされている方が多いと思います。実際のところはどうなのでしょうか。

松重:まったくそんなことはありません。一見Instagramと親和性の低そうな商材でも、切り口次第でいくらでも展開できます

 たとえば、当社では以前マスクのプロモーションを行ったことがあります。マスクって、普通Instagramには投稿しないですよね。ご相談いただいたときは「どうしようかな……」と思いましたが、パッケージに犬がプリントされていたことから、ターゲットを犬好きに絞り「愛犬家に愛されるマスク」として売り出すことにしたのです。

「パケわんグランプリ」のイメージ
「パケわんグランプリ」のイメージ

 具体的には、「パケわんグランプリ」というキャンペーンを開催し、専用ハッシュタグを付けて飼い犬の写真を投稿してもらうよう呼びかけました。グランプリに選ばれた写真は、その後の商品パッケージ写真として採用されます。

「パケわんグランプリ」の店頭発売パッケージ
「パケわんグランプリ」の店頭発売パッケージ

 また、SNS上だけで盛り上がるのではなく、リアル店舗の販売スペースを確保するために店頭発売の限定パッケージも展開しました。当選発表は店頭での販売のみ。投稿者は飼い犬が掲載されているかどうか、店頭に行かないと確認できないわけです。店頭でマスクについて問い合わせる方が増え、需要があると店舗側に認知されることでスペースを確保するという流れを想定していました。

 施策を展開してみると、利用者さん同士で「この店舗にありましたよ」という情報共有が生まれていることがわかりました。実際の購買にもつながったので、キャンペーンとして手ごたえを感じましたね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5