SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマトダイアログ&メディア、パーソナライズドDMソリューション「TRIGGER DIALOG」を提供

 ヤマトホールディングスとドイツポスト DHLの合弁会社であるヤマトダイアログ&メディア(以下、YDM)は、DMのパーソナライズドデザインと印刷・配達の発注をオンライン上で可能にするソリューション「TRIGGER DIALOG」の販売を開始した。

「TRIGGER DIALOG」のサービスフロー
「TRIGGER DIALOG」のサービスフロー

 同ソリューションは、MAツールや各種CRMツールに蓄積された顧客の行動履歴や閲覧商品に関するデータと連携し、それぞれの顧客に適したDMを自動で制作。オンライン上のレコメンド機能のように、顧客ごとの購買履歴から可変印刷を行うことも可能だ。主に、通販・EC事業者向けに提供される。

 また、デザイン・印刷・配達の手配といったDM発注のオペレーションがワンストップで提供されるため、工数削減にもつながる。

 なお、ドイツではDPDHLが2016年から同ソリューションを販売している。約100社への導入実績があり、約5%のレスポンス率および約50%の工数削減が実現している。

 YDMは今後、同ソリューションの機能強化に加え、パートナー企業の開拓を通じて印刷・配達に関するサービスレベルの向上を進め、3年間で30社への導入を目指す。

【関連記事】
ヤマト運輸、MA連動型パーソナライズドDMのデザイン・印刷・配達をワンストップで提供
ECで購入した洋服をリアル店舗で手直し可能に!三陽商会、ヤマトシステム開発の新サービスに参加
ヤマト運輸、ブレインパッドのDMP「Rtoaster」を導入 サイト改善でサービス申込件数は5倍に
ヤマトシステム開発と日本ホテル、訪日外国人向けサービスの実証実験を開始 ECでの免税適用を実現へ
ヤマト運輸の会員サービスがGoogle Homeに対応!話しかけるだけで宅配便の配送日時を変更可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/22 17:30 https://markezine.jp/article/detail/30931

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング