SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合・精度の高いパーソナライズを実現

 プレイドは、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、「レコメンド機能」の提供を開始した。

 レコメンド機能は、ユーザー毎の属性・行動といった顧客データに加えて、その人の状況やオフラインデータなどを相互に関連付けることで、精度高くパーソナライズされたレコメンドができるというもの。具体的には、ウェブサイト、アプリ、オフラインにおけるデータを「一人のユーザー」に統合してレコメンドを提供する。KARTEによって収集・解析したデータだけでなく、社内の基幹システムや様々な外部サービス・プロダクトに存在する顧客データもKARTEに統合することで、精度の高いパーソナライズを実現する。

 また、閲覧や購入以外の複数イベントをレコメンドロジックに加味することもできる。たとえば「その商品のページに90秒以上滞在している」という行動をその商品への熱量と解釈し、重み付けをすることが可能だ。ウェブサイトのみならず、様々なコミュニケーションチャネルで、リアルタイムに商品レコメンドを提供することができる。

 レコメンド機能では商品データを連携して活用することになるので、レコメンドに加えて、一定期間内に売れた商品などの「ランキング」や、カート投入後・お気に入り登録後に離脱してしまったユーザーへの「リマインド」なども行うことができる。また新商品発売時やセール時に、ユーザー毎にパーソナライズした商品提案を行う「特定商品の訴求」といった施策も実施可能だ。

【関連記事】
リクルート次世代事業開発室、KARTEを開発基盤に採用 リーン開発方式との相性を評価
ネスレ日本、オウンドメディアCRMに「KARTE」採用 多様な目的で訪問するユーザーの体験を向上
Hondaのレンタカーサービス「EveryGo」が 「KARTE」導入 ウェブとアプリを横断的に解析
JapanTaxi、プレイドの「KARTE for App」を導入 既存ツールとのデータ統合も実現
プレイド、KARTE for LINEを提供 ユーザー毎のメッセージ配信&Beaconとの連携が実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/23 17:27 https://markezine.jp/article/detail/30936

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング