MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オイシックス・ラ・大地、アメリカ進出 ミールキット企業を買収し「日本食×ビーガン」で健康食需要に照準

2019/04/26 15:45

 オイシックス・ラ・大地は、アメリカ本土48州を対象に毎週ビーガン食のミールキット宅配を展開するThree Limes, Inc(通称Purple Carrot、以下、PC)の株式を100%取得し、子会社化することを4月25日開催の取締役会において決定した。なお、本年5月末に株式譲渡が実施され、子会社となる予定。ミールキットとは、必要量の食材や調味料とレシピがセットになった商品。

「Purple Carrot」サイトイメージ
「Purple Carrot」サイトイメージ

 これにより、オイシックス・ラ・大地はPCを通じアメリカでの事業展開を開始する。ビーガン食と日本食という、ヘルスコンシャスフードのアジアとアメリカにまたがるグローバル展開は世界初の取り組みとなる。また、「Oisix」でのビーガン食のミールキットの展開も検討する。

ライムクリーム入りカリフラワーのタコス

ライムクリーム入りカリフラワーのタコス

クリスピーバタービーンズとブラックキヌア
クリスピーバタービーンズとブラックキヌア
イエローカレー&フレッシュコリアンダーのタイ風ニョッキ

イエローカレー&フレッシュコリアンダーのタイ風ニョッキ

 今回のオイシックス・ラ・大地による取り組みの背景には、国内で培った食品宅配の知見をアメリカに展開しようという意図がある。

 女性の活躍推進などの影響をうけ、料理の時短ニーズが顕在化しており、手間を掛けずに手作りの食事を楽しめるミールキットの需要が拡大している。世界のミールキット市場は2025年までには90億ドル近くに達すると予測されており、日本においても同様の市場成長が続くと考えられている。同社が展開するミールキット「Kit Oisix」は2019年4月時点で累計出荷数が3500万食を越えているという。

 PCは2014年に創業したビーガン食100%のミールキット宅配を展開。アメリカにおいては健康意識の高まりや食肉消費に伴う温室効果ガスの排出に対する懸念から、ビーガン食の市場が拡大しており、2020年には2015年の倍に当たる250億ドルまで成長すると見られている。

【関連記事】
オイシックス、共働き世帯や高齢者向けに24時間電話注文受付をテスト AI応対で実現
オイシックス・ラ・大地、Webサイト改善のUNCOVER TRUTHと協業 中国でのサービス拡大へ
オイシックス・ラ・大地、「Oisix」に会話型広告「fanp」を試験導入 ナーチャリングの効果検証へ
三越伊勢丹、定期宅配ECサイト「ISETAN DOOR」を開設 オイシックスドット大地が運営支援
オイシックスドット大地、お米の中国輸出をスタート 全農グループとの協業を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5