MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ドームと富士通、スポーツのデジタルビジネス分野で協業 アプリ開発を通じていわきFCのマーケを支援へ

2019/05/09 15:30

 ドームと富士通は、スポーツのデジタルビジネス分野における協業に合意した。

 ドームは、米国のスポーツメーカー「アンダーアーマー」の日本における総合代理店事業を中心にビジネスを展開する企業。また、サッカーチーム「いわきFC」を運営するいわきスポーツクラブを傘下に置く。

 両社は今回の協業を通じて、ドームによるスポーツチーム運営やアスリートサポートに関する知見と、富士通がもつスポーツICTソリューションを組み合わせ、共同でサービスの実証・開発を行っていく。

協業のイメージ

協業のイメージ

 具体的には、いわきFCのファンエンゲージメント強化と地域連携モデルの確立を目指し、富士通のスポーツ向けDMPを活用した観戦者向けサービスの実証に着手する。両社はその第一弾として、DMPを活用したスマートフォンアプリケーションを開発。2019年の興行試合において、電子チケットの購入やチケットレス入場、eオーダーによる飲食注文といったサービスを実証する。

 さらに、スタジアム周辺地域の飲食店クーポン配信などの機能を順次追加し、観戦者に対し様々なサービスを提供していく。

 両社は2020年度にサービスの本格運用を開始するとともに、サービスを通じて蓄積した来場や購入、行動履歴などのデータを活用して、いわきFCのマーケティング活動を支援する予定だ。

【関連記事】
AI活用で予測モデルを構築!富士通クラウドテクノロジーズ、慶應大学の星野教授とアドバイザリー契約へ
シャノン、富士通コミュニケーションサービスと「SMPの導入・運用支援」において提携を開始
サイト初来訪者の不安を解消!富士通グループ会社がWeb接客ツール「Sprocket」を導入
端末の向きから閲覧者の心理を分析!富士通、ECサイトにおいてAIを活用した顧客体験の実証実験を開始
富士通、ネット広告配信高度化の「AD Drive運用型マーケティングサービス」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5