SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

試着リクエスト&試着写真のシェアが可能なアプリが登場!ユナイテッドアローズの17ブランドが参加

 シグマクシスとユナイテッドアローズ、博報堂DYメメディアパートナーズの合弁会社であるfitomは、店舗における個人の試着情報をシェアできるアプリ「fitom」の提供を開始した。

 顧客がオンラインでアパレル商品を購入する際、「サイズ感がわからない」「着用イメージがわかりづらい」など、試着ができないことによる問題が発生する場合がある。

 一方、アパレル業界では、オンラインショッピングの活性化や店舗販売スタッフの活用、オムニチャネル化による新たな買い物体験の創造が課題となっている。

 こうした背景から、同社は、顧客の利便性向上と参加ブランドの自社ECへの送客および売り上げ向上を支援するため、同アプリの提供に至った。

「fitom」のイメージ
「fitom」のイメージ

 同アプリでは、試着のリクエストと試着写真のシェアが可能。ユーザーはアプリ上で気になる商品を見つけた際に試着を依頼し、シェアされた写真によってサイズ感やシルエットを確認できる。気に入ったアイテムは、ユナイテッドアローズのオンラインストアから購入可能だ。

 また、リクエストに応じて試着するユーザーは、店舗で商品タグのバーコードをスキャンし、自分の試着姿を写真に撮って登録・シェアすることで、「fitomポイント」を獲得。貯まったポイントは、クーポンとしてユナイテッドアローズ対象ブランド店舗で利用できる。

 なお、同アプリにはユナイテッドアローズの17ブランドが参加しており、参加ブランドは順次拡大していく予定だ。

【関連記事】
博報堂DYMP、ユナイテッドアローズらと合弁事業を開始 試着シェアアプリ「fitom」を開発・提供へ
ユナイテッドアローズ、オムニチャネルでの顧客体験の向上を目指し「Domo」を採用
ユナイテッドアローズ、360度パノラマVRアプリを配信開始〜制作はトランスコスモス
丹青社、店舗で試着した姿を撮影・保存できるデジタルミラー「MYCLO」を開発 スマホからもアクセス可
サイズが合わなかった問題を解決!SHOPLISTがオンライン試着サービス「Virtusize」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/31014

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング