MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通グループ、クリエイティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発 バナー自動生成ツールで運用開始

2019/05/28 18:30

 電通デジタル、電通、データアーティストの電通グループ3社は、AIを活用したクリエイティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発し、バナー自動生成AIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(アドバンストクリエイティブメーカー)」に搭載、Ver.1.0として本日より運用を開始する。

 「AIアートディレクター」は、アートディレクターやデザイナーなどのスペシャリストが有する、広告効果の高いバナー広告を判断するスキルを数値化し、AIがその傾向を学習することで、バナー広告を自動選別する機能。

「ADVANCED CREATIVE MAKER」のデモ画面(イメージ)
「ADVANCED CREATIVE MAKER」のデモ画面(イメージ)

 具体的には、まず「キーワード」「業種」といった要素を入力すると、1つ目の予測エンジンが、パフォーマンスが高いと予想されるコピー・画像などの要素の候補を割り出す(コピーは、電通オリジナルのAIコピーライター「AICO(アイコ)」が生成)。

 次に、それらを使って自動生成ツールがバナーのデザインを組み上げていく。さらに、大量に出来上がったバナーに対し、AIがより精緻にクリック率をシミュレーションし、AIアートディレクターのリコメンドも参考に、効果が高いと予測されるものからランキング表示。最終的に人の目で出稿案を決定し、必要に応じてデザインを調整し完成となる。

【関連記事】
電通ダイレクトマーケティングとCandee、アフィリエイト型ライブコマースで協業
電通ベンチャーズ、ミレニアル世代向けのメディア事業を展開するTABILABO社に出資
富士通と電通、パーソナルデータを個人が自由に活用できるライフデザインの共同検討を開始
インサイトコア、電通、D2C Rが協業を開始 最良な「OMO顧客購買体験」の実現を目指す
電通、プレミアム音声広告配信を開始 Spotifyやradikoなどが配信先に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5