SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモスチャイナ、Alibabaデータバンク認証取得 リアル店舗でのユーザー行動データも活用

 トランスコスモスの100%子会社である上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(以下、トランスコスモスチャイナ)は4月28日、「Alibabaデータバンク認証サービス企業」の認証を取得した。Alibabaからデータバンクに関する最新情報の提供を受け、顧客企業への導入/活用支援を共同で進めていく。

 データバンク(Brand Databank)を通じて、Alibabaネットサービスにおける全ての販売・広告チャネル、顧客企業のデータを活用したユーザー動向の把握、動向分析によるマーケティング活動の支援を実施できるようになる。

 従来は、AlibabaECプラットフォーム上での出店企業のデータ活用範囲は限定的だった。データバンクの活用により、ユーザーのブランドへの興味関心度・デモグラフィック情報・ネット上での閲覧や購買動向などを、様々な角度から分析することができる。

 データバンクでは、ネット上のAlibabaサービスを利用する5億人以上のユーザーの中から、実際に該当ブランドに興味をもっているユーザーの属性を把握し、さらに、その興味関心をもつユーザーがネット上でどのような行動をしているかを詳細に把握することができる。

 また、それらの分析をもとにプロモーション戦略立案を実行し、ネット上のみならず、リアル店舗でのユーザー行動も把握することができ、オンライン・オフラインをあわせたマーケティング活動を実現する。

 トランスコスモスチャイナは2017年にデータ分析チームを発足し、Alibabaエコシステムとニューリテールの活用に向けて2018年Uni-marketing部門を設立した。現在、20人のデータアナリストがデータバンクを活用して、ブランド企業のデータ分析から戦略立案、マーケティング施策の実行を提供しているという。

【関連記事】
資生堂、アリババと戦略業務提携を締結 中国・杭州に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設
アリババ、NBAとのパートナーシップを拡大 試合ハイライトなどを同社プラットフォーム上で配信へ
フジテレビ、アリババ傘下の動画配信プラットフォーム「YOUKU」と戦略パートナーシップを締結
アリババグループとBMWがIoTで提携 「車の自動販売機」も投入へ
トランスコスモスとsognoが協業 3D/VR技術を活用した店舗紹介などの新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/07 12:35 https://markezine.jp/article/detail/31252

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング